“いつも笑顔”の女性はかわいい!本当にそうだと実感した出来事

公開日: : 美・健康

「いつも笑顔」の女性はかわいい。

そんなことはよく言われています。

私もそうだとは思っていましたが、「無表情よりはマシ」ぐらいかと思っていました。。

Sponsored Link

かわいい子に惹きつけられた

ある日、娘を公園に遊びに連れて行きました。

大きな公園だったので、たくさんの子供たちが遊びに来ていました。

その中で、一人、ずっと笑顔で走り回っている女の子がいました。

年齢は3歳ぐらい。

その子がかわいくてかわいくて、惹きつけられ、娘と遊びながらも、視線はその子を追ってしまいました。

ピンクの服を着ていたので、仮に名前をピンクちゃんとしましょう。

娘も惹かれた

すると、娘が突然、「あの子のことが好き。ママ、『好き』って言って来て」と告白を強要してきました。

娘もピンクちゃんを好きだというのです。

「なんで、好きなの?」と尋ねたら「かわいいから」と答えました。

大人目線から「かわいい」だけでなく、子供目線でも「かわいい」とは…。

娘の「好きと言ってきて」発言はおかしかったですが、やっぱり、ピンクちゃんは魅力的なのだと感じました。

smile

でも美形ではない

正直、その子は、特別な美形だったわけではありません

もちろん、ブサイクではなく、かわいい方だと思うのですが、顔の造作が美しいとか、そういうわけではありません。

ニコッとした顔が本当にかわいく、魅力的でした。

そこで、初めて、美形でなくても、こんなにも美形を上回る魅力を出せるのだなと知りました。

普段の表情

人と会話をしている時、多くの人は、口角をあげた笑顔で対応しているでしょう。

私は、モデル経験のせいか、元々の癖なのかわかりませんが、常に「歯を見せた笑顔」をしてしまいます。

「歯を見せた笑顔」は一部で「ダイヤモンドスマイル」と呼ばれているようなので、以下、そう書きます。

普通の人は、私が常にダイヤモンドスマイルで居るという、その違和感に気づかないし、気づいても指摘できないかも知れませんが、テレビ局の人だけが、「あなたは、人の話を聞いてる時も、いつも歯を見せた笑顔ですね」と指摘してきました。

でも、それは「いつもダイヤモンドスマイルで居ることが変」という意味ではなく、「モデルだからかな」といった意味でした。

76f0263ceea380501a4325962717e83c_m

Sponsored Link

女優を見たらわかる

一時、大ブームになったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の恋ダンス。

その時の、新垣結衣さんの表情を見てください。

つねにダイヤモンドスマイルですね。

元々かわいい新垣結衣さんが、ダイヤモンドスマイルをキープしているため、よりかわいく見えます。

新垣結衣さんは、デビュー当時のポッキーのCMでも、ダイヤモンドスマイルが印象的でした。

 

また、先日、映画「四月は君の嘘」を観たのですが、広瀬すずさんが、そのキャラクターを表現しているのか、いつもダイヤモンドスマイルでいるのが印象的でした。

美形でない人でもダイヤモンドスマイルでいたらかわいく見えるのですから、女優さんのようにかわいい人たちが常にダイヤモンドスマイルでいたら、かわいいに決まっていますよね。

目が笑っていないのはNG

ダイヤモンドスマイルをすると、目が細くなってしまうのを嫌がって、目を見開く人がいます。

そうすると、目が笑っていないということになり、全く魅力的ではないばかりか、違和感しかない笑顔になってしまうので、注意しましょう。

笑顔がイマイチの人もいる

ほとんどの人にとっての、最高に素敵な表情は「笑顔」です。

ただ、笑顔がイマイチな人というのもいますね。

私は、本上まなみさんが好きなのですが、彼女は、歯を見せていない表情のほうが魅力的ですね。なんか笑顔の口元の感じがイマイチなのです。なぜかはわかりませんが…。(でも好きな顔です)

また、私の姉は、美形なのですが、ダイヤモンドスマイルがイマイチです。作り笑顔っぽくて。

だから、姉には「笑わないほうがいいよ」と言っています。口を閉じた笑顔の方が、姉は美しく見えます。

でも、そういうパターンは稀でしょうから、皆さんは、大いに歯を見せて笑ってください。

おまけ:私がダイヤモンドスマイルが出来るようになったきっかけ

私は、高校生ぐらいまでは、自分にそれほど自信がなく、内気なタイプでしたが、高校時代にたまたま撮れたダイヤモンドスマイルの写真を、皆から「かわいい」と褒められて、写真の時は毎回、ダイヤモンドスマイルをするようにしました。

そのおかげで、私はダイヤモンドスマイルが得意になりました。

モデルの仕事の時も、ダイヤモンドスマイルの評価が高く、いい表情をするとよく言われていました。

要は、一度褒められたから、また褒められたい、と頑張った結果ですね。単純です…。

鏡の前で練習もしたりしましたよ。今ではずっとキープできます。

最後に

ダイヤモンドスマイルの効果を、思いがけず、小さな子供から学びました。

私は自分が、人生の大半で、ダイヤモンドスマイルを実践してきておきながら、それがどれくらい効果があったのかわかりませんでした。

今回、他人を見ることで、ダイヤモンドスマイルがこんなにも魅力的で人を惹きつけるものだと知り、今になって、自分の体験のあれもこれも、ダイヤモンドスマイルのおかげだったのかと気づきました。

(男性からも、「いつも笑顔でいてかわいい」と言われたことはありましたが、その時は笑ってない顔はダメと言われたのかと思っていました)

「色白は七難隠す」などと言いますが、ダイヤモンドスマイルは八難も九難も隠しそうですね。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑