アシダカグモと一緒に生活する→ゴキブリ見なくなった

公開日: : その他

我が家は、庭つき一戸建て(2階建て)。

断捨離をして物は少なめだし、不衛生にはしていませんが、年に数回はゴキブリに遭遇していました。

ただ、下記の点に気を付けたら、一度も見なくなるようになりました。

私のゴキブリ駆除対策!こうすれば見なくなった&遭遇時の役立ちアイテム

とくに、この中でも、「アシダカグモと一緒に暮らす」のは、効果が大きかったのではないかと思っています。

Sponsored Link

アシダカグモは、かなり大きいので、現れると、ギョッとしますが、アシダカグモのほうから人間のほうに寄ってくることはないので、気にしなければ、共存は可能。

ゴキブリを食べてくれる益虫なので、ゴキブリ嫌いな人の味方です。

スペースがあったほうがいいかも

ただ、極端に狭い家だったらイヤかもしれません。

六畳一間で一緒に生活するのはイヤですよね…。

ある程度、お互い距離をとれるだけのスペースはあったほうがいいですね。

うちは家具や物などが少ないので、スペースはあります。

追い出さないようにした

以前は、アシダカグモを見かける度に、虫取り網やホウキで追い出していましたが、今は見なかったことにするようにしています。

すごい時は、大きなものが2匹、小さい物が数匹居るようになったこともありました。

アシダカグモが居るということは

アシダカグモが居るということは、逆を言えば、ゴキブリやその卵があるということなのかな、とも思いました。

ゴキブリやその卵が全滅すれば、アシダカグモは姿を消すのかも知れません。

Sponsored Link

だから、アシダカグモが現れたのに追い出すということは、ゴキブリ嫌いにとっては、危険過ぎる状態だと思います。

アシダカグモに名前をつける

先日、夫が「こいつがサニー」と言って、白っぽくて大きなアシダカグモに名前をつけていました。

そのとき、そばに別の大きなアシダカグモが居たので、そちらは「ジョン」と名づけていました。

夫のネーミングセンスはともかく、名前をつけると愛着がわくかも知れませんね。

アシダカグモがシンクの中に

ある日、サニーがシンクの中に居ました。

ギョッとしましたが、洗い物をしたりいつも通りに過ごしていたら、サニーはどうやら、シンクの中から出られなくなってしまったようでした。

シンクの底をいったり来たりしていたので、登れる場所を探していたようです。

ずっとシンクに居られるのもやり辛いので、夫が虫取り網でとって、外に逃がしていました。

私は「ああ、外に逃がしちゃったか…」と残念に思いましたが、まだジョンが居るので大丈夫です。

守りではなく、攻める対策

私は、ホウ酸ダンゴなどの対策もしっかりしています。

しかしホウ酸団子は、ゴキブリが食べてから効くものです。

敵が出てくる前に、攻めてくれる「バルサン」などは、私としては手間がかかり、大変なので避けたい対策です。

その点、アシダカグモは、手間もかからずに、積極的に攻めていってくれるので、こんなにいい対策はないと思います。

どれぐらい攻めてくれるかというと、上記リンクにも書きましたが、ゴキブリを捕食中に、別のゴキブリが現れたら、そちらもすぐ仕留めるぐらいです(義父の目撃談 & テラフォーマーズに同様のエピソードあり)

最後に

アシダカグモは見つけたら、追い出さずに、家においておきましょう!

ただ、子供が触ったりすると、噛むことがあるので気を付けてくださいね。

夫は以前、捕まえて外に出そうとしたときに、噛まれました…。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑