知らないと危険! 違うメーカーの乾電池を混ぜて使うリスク

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 その他

「古い電池と、新しい電池は一緒に使ったらいけないよ」とはよく言われますが、新品同士ならいい、メーカーが違っても使っていいと思いますか?

Sponsored Link

親戚の子供におもちゃをあげたら、そのおもちゃは、電池が別売りだったらしく、マミさんは、急遽、家にある単三電池を3本用意しました。

どれも新品でしたが、そのうち1本はメーカーが違いました。

何の疑問も持たず、それらの電池を入れて、電源を入れてみたら、おもちゃは動き出しました。

が、ほんの数分で動かなくなってしまったとのこと。

電池を入れたところなので、電池切れのはずはない…。そう思って、マミさんたちは、なんとか、おもちゃを動かそうとしましたが、解決しないので、私は、

「もしかして、種類の違う電池を入れたからじゃない?」

と言いました。

それで、同じメーカーの電池を探して、入れ替えたら、正常に動き始めました。

Sponsored Link

「やっぱり、メーカーが違うとダメなんだね〜」

と話して終わりました。

しかし、気になって調べてみると、メーカーの違う電池は「使えない」だけではなく、大きなリスクもある、危険があったのです。

メーカーの違う電池を混ぜて使うと危険

メーカーや種類の違う電池を混ぜて使うと、それぞれの電池の性能が違うので発熱、破裂、発火の原因につながるそうです。

電池を使うときは、絶対に同じ種類しか使用してはいけません。

ちなみに、新しい電池と古い電池は、一緒に使うと、古い電池のために電池全体でのパワーが弱くなってしまいます。

しかも、古い電池が液もれを起こすこともあるそうなので、こちらも危険ですね。

使い方を間違えないようにしましょう。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑