物が壊れたらチャンス!代用品を見つけてモノを減らそう![断捨離]

公開日: : 家事・生活, 節約術・断捨離

モノが壊れた時。それはチャンスです。

とくに、「物を捨てられない!片付けられない!」という人にとって。

Sponsored Link

本当にそれが必要?

私は、これまで、家電やモノが壊れた時、何も考えずに、すぐ、新しいモノを購入していました。

しかし、断捨離をするようになってから、モノが壊れた時、「これは他のモノで代用できないか」と考えるようになました。

例えばミキサー。

私にとって、ミキサーは、年に数回使う程度でした。

ですから、ミキサーが壊れた時、「次に必要になった時に買おう」と思いました。

ただ、ミキサーが「今すぐ必要」になった時にないのは困るな、と心配になりました。

ミキサーについて調べているうちに、手元にあったバーミックスというハンディフードプロセッサーの存在に気づきました。

 

「これって、ミキサー代わりになるんじゃないのかな?」と思ったら、その通りで、ミキサー代わりに使えることがわかりました。

バーミックスは貰い物だったために、機能について熟知していなかった上に、ほとんど使っておらず、今までミキサー代わりになることを知らなかったのです。

勿体ないことをしていたし、機能が重複するモノを持っていたということになり、スペースの無駄でした。

卵焼き器にも疑問を抱く

卵焼き器も、何の疑問もなく、持っていましたが、その卵焼き器が焦げ付いて使用感が出てきたため処分しました。

Sponsored Link

「卵焼きを焼くためだけ」に買うのはモッタイナイと思い、手元にあった小さなフライパンで、試しに卵焼きを焼いてみたら、そこそこうまく焼けました。

フライパンは卵焼き器と違って、丸いため、端の方は卵焼きらしい形にはなりません。

しかし、家庭は料亭ではないのですから、多少、形がいびつでも、食卓に並べて、おかしくはありません。

手放しても大丈夫

このように、代用できるモノがあれば、手放しても何の問題もありません

と言われても、もし、「ソレが壊れておらず、まだ使える」としたら、「勿体ない」と思ってしまい、処分しにくいでしょう。

だから、「モノが壊れた時は断捨離するチャンス」なのです。

「捨てる」よりは「買うのを先延ばしにする」方が、気分的にかなりラク。

大型家電ならとくにです。

お試し期間

電子レンジや冷蔵庫、洗濯機などの家電は壊れたら、一刻も早く購入する必要があるかもしれません。

でも、それ以外のモノは、購入するまでに、時間を置いてみましょう。代用品が見つかるかもしれないし、「意外となくても困らない」ということに気づくかもしれません。

買うならバージョンアップ

家電は、新たに購入することになるなら、バージョンアップしたモノを買うことになるでしょう。

エアコンや冷蔵庫・洗濯機などは、最新家電にすると、省エネになり、電気代も安くなるし、お得です。

そういう意味でも、モノが壊れた時はチャンスですよね。

無駄に機能が多いのは困りますが、場合によっては、新機能が追加されたことによって、他に、捨てられるモノが出てくるかもしれません。

私は、電子レンジが故障した際、「ノンフライのできる電子レンジ」を購入したので、ノンフライヤーは処分しました。

ヘルシーシェフを買って初代ノンフライヤーを処分

 

 

最後に

モノが壊れる時って、何かと続く時がありますよね。

うちは冷蔵庫と洗濯機が続けざまに壊れたことがありますが、金額が大きいだけに辛かったです。

でも、結果として、以前より便利で節電になる家電が購入できたので、よかったです。

そういう機会でもないと、なかなか大型家電は買い替えしませんもんね。

食器も割れたら、食器を減らせるチャンスだと感じます。

「モノが壊れる」とショックかも知れませんが、何でも前向きに考えてみてください。

パソコンが壊れると、私もショックですけどね…。

セカンドストリート WEB買取
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑