恐竜スーツの動画&仕組みは?ディノアライブの口コミ!WBS

公開日: : トレンド

2017年4月25日(火)放送の「ワールドビジネスサテライト」(WBS)では、恐竜スーツが紹介されるようです。恐竜スーツは、日本の株式会社ON-ARTが作りました。

Sponsored Link

「ワールドビジネスサテライト」(WBS)とは?

「ワールドビジネスサテライト」は、テレビ東京系のニュース番組です。毎日の動きを独自の視点で伝えたり、今後のトレンドになりそうな商品を取り上げたり、経済の最新情報をわかりやすく伝えているとして、高く支持されています。略してWBS。

4/25(火)の放送では、ON-ART(オンアート)の恐竜スーツが紹介されるようです。

恐竜スーツとは

「恐竜スーツ」は、日本の会社「ON-ART」が作りました。「ON-ART」は、アートバルーンや造形物を制作している会社です。

「恐竜スーツ」は、中に人が入って操作する恐竜型メカニカルスーツです。(仕組みは後述)

恐竜スーツは、見た目も恐竜そのものですが、動きもまるで恐竜で、アメリカでも特許を取得しています。(特許技術「DINO-TRONICS」)

株式会社ON-ARTとは

株式会社ON-ARTは、東京都東久留米市に本社を置いており、代表取締役は金丸賀也さん。金丸氏を含め社員は6名のベンチャー企業です。

ON-ARTは、このほか、マンガ「ONE PIECE」のオーズや巨大スパイダーマンのアートバルーンも作っています。

このほか、「歩く恐竜」を使った、リアル恐竜体験ライブショー”DINO-A-LIVE(ディノアライブ)”を開催しています。

恐竜スーツの動画

恐竜スーツの動画はコチラです。

恐竜スーツを使ったDINO-A-LIVE(ディノアライブ)の動画

恐竜スーツの仕組み

恐竜スーツは、いわば「特殊な着ぐるみ」で、下図のように、中に人が入って、操作しています。恐竜型のメカニカルスーツです。

内部に複数の動作・姿勢制御機構や外部認識機構、通信機構などを搭載しています。

kyoryu

 

 

小型カメラや無線も搭載しており、外部をほぼ100%把握できます。ゆえに、ライブショーでは、安全を確保しながら、自由意思で、臨機応変に動くことが出来ます。

SNS上の口コミなど

 

 

最後に

まるで本物の恐竜かのように操作できる

ライフスタイルツール(ナカバヤシ)で整理し辛い小物を本棚に収納!ズムサタ

電子吸着ボードはピンもノリも不要でメモが何度でも貼れる!有吉ゼミ

EZベルトでスニーカーなどヒモ靴をベルトにカスタマイズ!WBSトレたま

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑