戦中戦後の暮しの記録(暮らしの手帖)は通販可!157の体験を収録/クローズアップ現代

公開日: : その他

2018年8月1日(水)放送の「クローズアップ現代+」(NHK)で、『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』(暮らしの手帖社)が紹介されるようです。

通販サイトでも購入できます。

Sponsored Link

「クローズアップ現代+」とは

クローズアップげんだいプラス。略して「クロ現」。

NHK総合テレビで、毎週月曜日〜木曜日の22時から放送されている報道情報番組です。

社会問題から注目のトレンドまで、硬軟を取りそろえた内容で、毎日ひとつのテーマを掘り下げ、取材報告と識者ゲストへのインタビューを行います。

2018/8/1(水)の放送では、「映画『この世界の片隅に』の主人公“すずさん”のように戦時中を力強く生きた人々」や「空襲下の恋・思い出の食べ物・愛しいペット」リアルな戦争体験を片渕須直(かたぶちすなお)監督と受け止めます。

 

『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』とは

「暮らしの手帖」創刊70周年記念出版。

「暮らしの手帖」は『戦争中の暮しの記録』を1969年に出版しました。それから約50年が経ち、再び戦争体験の手記を募りました。

今回は、戦時中だけでなく、戦後の混乱期の出来事についても呼びかけたそう。

戦後生まれの人には、戦争体験者からの「聞き書き」での投稿も集められました。

そして、2390通の応募作品から選ばれた157点の体験が収録されています。

庶民の戦中・戦後のリアルな暮らしがわかる記録となっています。

SNS上の評判など

Sponsored Link

『戦中・戦後の暮しの記録』の通販サイト

『戦中・戦後の暮しの記録』は、下記の楽天ブックスやアマゾンなどで購入できます。

最後に

私も、身内が原爆で亡くなっているので、戦争の話を聞くと、他人事とは思えません。

とは言え、私は戦争経験者でもないし、身内とは言え、直接、面識があるわけではないので(戦争で亡くなっているのですから当然ですが…)、具体的にその悲惨さをイメージできているわけではありません。

実際に経験した人にしかわからないものが、この本には詰まっているのだろうなと思いました。

 話は変わって、「暮らしの手帖」は、新婚の頃、1年間、購読していましたが、面白いですよね。広告がないから、企業に迎合したような記事がなく、普通の雑誌では書けないようなことが書かれていました。

地道な商品テストも興味深かったです。ドラマ「とと姉ちゃん」でも描写されていましたよね。(ドラマはちらっとしか観ていないのですが…)

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑