海の樹氷イソバナロックを喜界島のダイビングで楽しむ!沸騰ワード10

公開日: : その他

2017年11月3日(金)放送の「沸騰ワード10」で、美し過ぎる「海の樹氷」のようなイソバナロックで人気になっている喜界島が紹介されるようです。

Sponsored Link

「沸騰ワード10」とは

バナナマンが司会を務める「業界×流行×ドキュメント」がテーマの業界リサーチバラエティー番組。日本テレビ系列で金曜夜に放送されています。

番組ディレクターが、世界から集めた、今後、絶対ブームになる「流行の源泉」を紹介します。

その11/3(金)の放送は、「取り憑かれた女優祭り 取材NG解禁&伝説の家政婦VS料理芸能人」です。

その中で、「奄美群島・喜界島に今、観光客急増のワケとは?美しすぎる”海の樹氷”に衝撃」ということで、喜界島が紹介されるようです。

喜界島(きかいじま)とは

きかいじま、きかいがしま。

喜界島は奄美群島の北東部にある島です。

鹿児島県大島郡に属し、島全部が喜界町に属しています。

喜界島の中でも、百之台、阿伝集落、トンビ崎海岸、荒木海岸などが奄美群島国立公園に指定されています。

喜界島の場所

喜界島でのオススメは「ダイビング」

海の透明度が高く、島の周囲全体がダイビングスポットとなっています。

とくに、荒木崎沖のオガミ礁では、ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)などの大物が見られます。

 

meganemochinouo

ナポレオンフィッシュ(画像はパラオのもの)


 

 また喜界島は、「サイクリング」にも適しています。島をとりまく周囲32.4キロメートルの道路は、すべて舗装され、急な上り下りがないのでサイクリングには最適です。

樹氷(じゅひょう)とは 

「樹氷」とは、おもに過冷却した霧粒または雲粒が樹木に吹きつけられて凍ったもの」です。

霧氷(むひょう。氷点下の霧や雲が樹枝などに着いてできる氷)の一種。

-5℃以下の気温のとき、風のあたるほうに大きく成長します。

宮城県や山形県境の蔵王山の冬季の樹氷が有名です。

海の樹氷とは?

番組での「海の樹氷」とは、ダイビングポイントの「イソバナロック」のことをさしているようです。

島の東岸沖合い、太平洋へ落ち込んでいく棚の途中にあるイソバナ群生ポイントがあるそう。

「イソバナ」とは、刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科の腔腸(こうちょう)動物です。日本固有種。

平面に扇状に広がった樹枝状の群体です。網目状になっています。高さ,幅は 20cmほど。

そんなイソバナが群生したポイント「イソバナロック」は、水深40m を超えるため、上級者向けです。

赤くて美しいイソバナは、樹氷のように見えるかも知れませんね。(ただし水中では美しい色は分からないので、ライトを当てるか、美しい色を撮影するならストロボが必要です)

ちなみに、ダイビングで潜れる深度は、初心者は18mまで、中級者は30mまでです。

イソバナロックは、水深40mという深度なので、スキューバダイビング上級者という限られた人しか見に行くことができません。

しかも水深40mだと、そんな長い時間は滞在できないので、ゆっくりは堪能できないかも知れません。

それでも透明度の高い海で、赤く美しいイソバナを見られたら、素敵でしょうね。

 

Sponsored Link

喜界島についてのSNS上の投稿

喜界島のホテル

喜界島のホテルをいくつかご紹介します。



 



 

最後に

 

 「海の樹氷」という表現は面白いなと思いました。これまで、「イソバナロック」というダイビングポイントとしては知られていたかも知れませんが、イソバナを「海の樹氷」と捉えて紹介するというのは新しいのではないでしょうか?

同じ場所でも、沖縄の海の「青の洞窟」も、「青の洞窟」と名乗り出してから、観光客が増えたようですし、キャッチーなネーミングをすることは大事ですね。

 喜界島の海は、透明度が高く、とても美しいので、ぜひ潜ってみたいです。 

ただ、海の樹氷ことイソバナロックは深度40mということで、私は行けても、夫と一緒には行けないなと思いました。

ダイビングをしない人は、テレビなどの映像でしか堪能できないでしょうから、ぜひ番組でチェックしてみてください。これを機会にダイビングを始めてみるのもいいかも知れませんね!

↓ネットスクウェアの割引クーポンコード「nenga2018」ですよ。
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑