節約は毎月の固定費から! ガラケーが格安スマホに勝る理由

公開日: : 最終更新日:2016/09/16 節約術・断捨離

ちまちま節約しても、大した金額にはなりません。

がっつり減らすなら、毎月の固定費を減らすことです。

Sponsored Link
家計を圧迫する通信費

りほこは、ガラケー愛用者です。

よく驚かれますが、月々の支払いは1303円です。年間で15636円になります。

スマホ利用者の毎月の通信費はいくらぐらいでしょうか。

仮に少なめに見積もって5000円としても、年間では6万円。

月々の金額は大したことなくても、年間にしたら、大きな額になっています。

安倍首相が携帯料金の値下げに言及するように、通信費は、家計への負担が大きいのです。

私のガラケー料金プラン

りほこはdocomo(ドコモ)。機種はL-03B。2010年6月に購入しました。

プラン「FOMAタイプSSバリュー」の基本使用料は1864円ですが、いちねん割引で-470円、ファミリー割引基本料で-470円となり、基本使用料が924円。

毎月、無料通話が1000円分つきます。電話はほとんどかけません。かけても短め。

Eメールは使うのでiモード使用料が300円。

ガラケーでインターネットはほとんど利用しないのでパケット定額サービス(パケホーダイ)は契約していません。

ガラケーでEメールは受信できますが、友人たちには「急ぎの用以外はパソコンに送って」と言って、パソコンに送ってもらっています。

保険(ケータイ補償)に入ると月々380円かかると言われましたが、ガラケーはそもそも本体の料金が安かったので、入りませんでした。結果としては、6年以上使っているのに壊れていないので、保険は入らず正解でした。年間4560円が6年で27360円なので、その分、節約できました。スマホだと本体が高額なので、保険は入るほうが安心ですね。

詳細な利用内訳は次の通り。

ガラケー月額

なぜスマホなしで平気か 

りほこは子供の時からパソコンが趣味で、家ではパソコンでインターネットを使いまくりです。「スマホを使いこなしてそう」と言われてきましたが、未だガラケーです。

スマホがなくても大丈夫な理由は次の通り。

・出先でインターネットを使わないから

行き先は事前に調べて、必要なら地図を印刷しておきます。お店のクーポンも印刷しておきます。SNSも家でのみアクセスします。

・友人との待ち合わせは事前に決めておく

 急な変更の連絡はEメールか電話でします。

・移動時間や、ヒマな時は読書する

 ヒマな時間は資格勉強や、そのほかの読書など。スマホをやめて本にすれば、軽いネット断食ができますよ。

ガラケーにすることのメリット

  •  月々の通信費の節約になる
  •   すぐ返事をしなくても済む
  •  自分の時間ができる → 生産性が上がる

すぐ返事をしなくても済む

  スマホユーザーは皆、LINEに限らず、レスポンスが早いです。早く返事しなければいけないと、スマホに縛られているようにも見えます。

 昔、「ケータイを持ったら、人から連絡が入ってすぐ捕まっちゃうから敢えて持たない」と言っている人が居ました。確かに、自分がしたいことがある時に用事で電話をかけられり、「すぐに来い」と言われたら迷惑です。

 ガラケーだと、LINEは「やってない」と断れるし、「既読なのに返事がない」だの言われずに済みます。

自分の時間ができる

スマホはあなたの生活を便利にしています。仕事においてもです。スマホによって生産効率を上げる人がいる反面、ほとんどの人は生産効率を下げています。

スマホで人と、つねにつながり、自分の時間を奪われているのです。多くの人は、スマホが鳴ったらすぐ気にしてしまいます。

Sponsored Link

「中断せずに集中する時間」は大事です。仕事中でも、勉強中でも、家事の途中でも、中断されるのはとても効率が落ちるのです。

LINEが入っても無視できる人はいいですが、すぐ見てしまう人も多いでしょう。ほんの数分かも知れませんが、年間にしたら、かなりの時間となり、スマホによる効率の低下による影響は大きくなります。

たとえ作業を中断せずとも、仕事しながらスマホを利用するのもいけません。同時にいくつもの作業をするマルチタスクは非効率だからです。

作業を中断し、生産性を落とし、「得られるはずだった利益」を失うことは避けましょう。

試しに一日、スマホを見ないで過ごしてみましょう。その時間でどれだけのことが出来ますか。年間にしたら、簡単な資格を取れるほどの勉強時間ができるかも知れません。

ガラケーで不便を感じたとき

・旅行中

地方に遊びに行った時、直前に決めた店のURLを送られても、私は出先では見られないので、不便です。

でも、それは早めに決めてもらえばいい話ですし、分からない時は駅などで待ち合わせして行けばいいので、なければないでなんとかなります。

ガラケーでもパケット定額サービスにしたら料金を気にせずネット閲覧できますが、そうすると節約効果が少なくなるので、パケット定額は利用しません。

・アプリでの割引を利用できない

 「アプリで登録すればお得です」というキャンペーンをしている店は多いです。それが利用できないのは残念ですが、ガラケーの通信費の安さを考えれば、その割引の恩恵より、勝っています。

・メールに気づいてもらえない時がある

 スマホ利用者はLINEでやりとりするため、Eメールが届いても気づかない時があるといいます。ほとんどの場合は大丈夫ですが。

 また、友人は、LINEで一斉に連絡する時など、りほこには別の手段で連絡しないといけないので面倒だそうです。でも、「LINEでないと面倒」と言われるなら、そういう人は連絡してくれなくて構わないと、りほこは思っています。 

スマホのままでもプラン変更

昔は洗濯機や冷蔵庫がなくても生活できましたが、現代ではムリなように、人は一度、便利なものを手にとってしまった人は、二度と手放せないでしょう。

りほこも、スマホを使ったことがないから、ガラケー生活ができているとも言えます。

「出先ですぐ調べられないと不便だ」「事前に調べておくのは手間だ」という人も居ます。確かに忙しくて、家に居られる時間がほとんどない人にとっては、スマホは便利でしょう。

注意してほしいのは、忙しい人が隙間時間を有効に活用しているつもりでも、意外と、スマホ利用に割いている時間は長くなってしまうものです。せめて、自分の時間を奪われないよう、使用時間を制限し、データ通信料を減らすようにしたらどうでしょうか。月々の支払いも減り、節約になります。

そして、生産性も上がります。ほかのことに使えたかも知れない時間、勉強できたかも知れない時間を失うことがなくなります。

iPod touchを検討

ガラケー+iPodがお得いうのは過去の話かも知れませんが、これだけwi-fiスポットが増えている現代なら、それもいいかも知れません。

りほこもiPod touchの購入を検討しましたが、今、とくに必要なシーンがイメージできないので、購入はやめました。

iPod touchを持ち、wi-fiの使えるエリアだけでインターネットを使うことにすれば、短時間のデジタル断食ができかも知れません。。要は、際限なく見続けることが問題なのです。

まとめ

格安スマホの登場によって、ガラケーとの、金額的な節約効果の差は少なくなってきました。

しかし、「便利な反面、スマホに拘束される」ことによって、仕事効率の低下を招いている人にとっては、目に見える金額以上の損失です。

スマホによって、うまく仕事効率を上げている人はいいのですが、町には、つねにスマホをいじる人が多いです。

デジタル断食という言葉もありますが、ガラケー利用者のりほこは、外出中や旅行中は、自然とデジタル断食できています。

このメリハリは、オススメです。

↓ネットスクウェアの割引クーポンコード「nenga2018」ですよ。
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑