ネトマル(池袋,難波)はホテルでもネカフェでもない個室!?たけしのニッポンのミカタ

公開日: : 宿

2018年5月25日(金)放送の「たけしのニッポンのミカタ!」で、ネトマル池袋西口店‏が紹介されます。

ホテルでも、ネットカフェでもない、自由に使える個室を提供するサービスです。

Sponsored Link

「たけしのニッポンのミカタ!」とは

「たけしのニッポンのミカタ!」は、知的エンターテインメント番組で、金曜夜に、テレビ東京系列で放送中です。

タイトルの「ミカタ」は「見方」や「味方」の意味があります。

司会は、ビートたけしさんと国分太一(こくぶんたいち)さん。

現代日本人の身近に起きるさまざまな社会現象をテーマに「今」を捉えます。 

 その5/25(金)の放送は、「漁師町にバブル!海の厄介モノ」「東京で4000人が住む!?小さな城」「幸せを呼ぶ身辺整理」「33トン捨てた!ガランドウの家」という内容です。

その中で、ネトマル池袋西口店が紹介されるようです。

「ネトマル」とは

ネトマルとは24時間365日、自由に使える完全個室のサービスです。

女性専用ルームも完備。

個室は鍵付きで、通路には監視カメラが設置されており、セキュリティもバッチリ。

安い価格で、24時間出入り自由で、鍵付きの個室が提供されるというのがいいですね。

カプセルホテルなどは安くても鍵がついていませんしね。

 ネトマルの一番安い部屋だと、平日で1時間480円で利用できます。

ヘタに喫茶店でお茶を飲むより安いですね。

週末、夜寝るだけならナイトパック15hで3180円。

現在は、東京の池袋と、大阪の難波にあります。

全国に展開してほしいという声が多いようですが、2018年5月現在、まだ2店舗だけなんですね。

ネトマル池袋西口店のアクセスはコチラ

ネトマルなんば道頓堀店のアクセスはコチラ 

難点は布団がないこと

このネトマルは、宿泊に利用する人が多いと思いますが、難点があるとしたら「布団がないこと」ですね。

ちなみに、ネトマルはエアウィーヴというマットレスを貸し出してくれる部屋があります。しかし掛け布団があるわけではありません。

 こういう施設が、布団を提供したら、旅館業の許可が必要になってしまうから、多くの人は「布団があればいいのに」と思うものの、布団がないのでしょうね。

「個室に鍵がなくても布団で寝たい」ならカプセルホテルで、「布団はなくても鍵付きの個室がいい」ならネトマルといった感じでしょうか。

SNS上の口コミなど

Sponsored Link

最後に

私は、1人でどこかに遊びに行くときは、とにかく安い宿を探していました。

でも、女性ですから、ある程度のセキュリティは必要ですし、結局、ほとんどビジネスホテルに泊まっていました。

よく考えたら、セキュリティさえしっかりしていれば、ビジネスホテルのように、一部屋ごとにシャワーやトイレがついていなくても何の問題もありませんよね。

その分、安くなるならその方が助かります。

ネトマルは、ありそうで、なかった有難いサービスですね。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑