袖ヶ浦”のうえんカフェ”のロールキャベツグラタン!WBS

公開日: :

2016年10月14日放送の「ワールドビジネスサテライト」の「ザ行列」で、主婦が行列を作るカフェとして袖ヶ浦の「のうえんカフェ」が紹介されます。ここの人気メニューは「ロールキャベツグラタン」。

Sponsored Link
ワールドビジネスサテライトとは?

ワールドビジネスサテライトは、テレビ東京系のニュース番組。毎日の動きを独自の視点で伝えたり、今後のトレンドになりそうな商品を取り上げたり、経済の最新情報をわかりやすく伝えているとして、高く支持されています。略称はWBS。

メーンキャスターは大江麻理子さん、 サブキャスターは大浜平太郎、マーケットキャスター、宇井五郎さん、トレたまキャスターは、 相内優香さん(テレビ東京アナウンサー)と、北村まあささんです。

番組内の「THE行列」では、行列ができる場所を紹介します。人気の秘密を、商品へのこだわりや店の仕掛けなどから、分析。人々がなぜが行列を作るのかを解明します。

10/14放送の「ザ行列」で、袖ヶ浦の「のうえんカフェ」が、主婦がつめかける絶品カフェとして紹介されます。のうえんカフェは、原価率5割で、テイクアウトOKなど、お得感に敏感な主婦の目線にこだわっています。

袖ヶ浦の「のうえんカフェ」とは?

千葉県袖ヶ浦市にあるカフェ。東京ドイツ村から車で5分ほどの場所で、JR内房線・姉ヶ崎駅から車で約10分のところにあります。

ルフ場に併設されていて、車でしか行けないので、アクセスは決してよくありません。しかし、いつも行列ができるほど大人気。

料理やスイーツには、自家製野菜と地元食材を中心に使っています。

ランチセットは、メイン料理、小鉢、味噌汁、ご飯、ドリンクがついて1,000円。「のうえんカフェ」の看板メニューである「ロールキャベツグラタン」のセットは、売り切れ必至です。

ロールキャベツグラタンは、デミグラスソースで煮込んだロールキャベツにホワイトソースとチーズをかけて、グラタンにしたそうで、トロトロです。

ロールキャベツグラタンは、テイクアウトできますが、数量限定です。

そのほか、防腐剤やマーガリン不使用のスコーン、添加物不使用のプリンなど、身体に良さそうな商品も多いのでいいですね。

のうえんカフェ

Sponsored Link

お店に行くなら狙い目は?

席の予約はできないので、受付ボード(11時に出ます)に名前を記入しましょう。ケータイ番号を書いておくと、呼び出してもらえるので、店の前にずっと並んでおく必要はありません。

Sponsored Link

お客さんの多くは、女性客で、ミセスが多いから、子供の春休みや夏休みなどの平日は、いつよりすいているそう。平日の11時前に行くのが狙い目だそうです。

店舗情報

  • のうえんカフェ
  • 〒299-0201 千葉県袖ケ浦市川原井1838
  • 館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」から車で約5分。八幡カントリークラブとなり
  • 電話 0438-75-7335
  • 営業時間 11:30~18:00(L.O 17:30) 
  • 定休日 火・水曜 
  • 駐車場あり
  • HPはコチラ

まとめ

春休みや夏休みは、主婦層が出かけ辛くなるから、混み具合が緩和されるというのが面白いですよね。私の友達も、子供の居る主婦は、子供の学校が休みの間は自由に動けないので、大変そうです。近所の人気レストランも、春休みや夏休みはランチが意外と空いていたりします。

どんなに不便な場所にあっても、おいしいものがあると、人は殺到しますね。もしロールキャベツグラタンを食べたいならば、11時前に行くしかありません。わざわざ遠くに行ったのに、お目当てのものが食べられなかったら残念過ぎます。

電話番号を書いておけば外で並んで待つ必要がないから助かりますが、これから寒い時期などは車で待ったりするのもいいでしょうね。温かくして遊びに行ってください。

Sponsored Link

1日1700個売れる月島久栄のメロンパン!ヒルナンデスで

絶品お取り寄せイチローの味噌だれ餃子!ビビットで紹介

神戸牛詰め放題の”神戸ビーフ食品”の青空市!ソレダメで紹介

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑