プライムリーディング(amazon prime reading)をおすすめする理由

公開日: : その他

私は、以前から、アマゾンプライム会員として、アマゾンを活用してきましたが、最近、「読み放題」サービスである、アマゾンプライムリーディングを活用しています。

そんな中で、私にとって、アマゾンプライムリーディングの価値はコレだ!と思ったことについて紹介します。

Sponsored Link

アマゾンプライムリーディング(Prime Reading)とは

プライムリーディングは、アマゾンプライムとPrime Studentの会員を対象としたサービスです。

対象のKindleコンテンツ(本や雑誌、漫画、Kindle Singles)を追加料金ナシの読み放題で読むことができます。

Amazonプライムとは

アマゾンプライムは、配送特典(送料無料など)や、プライムビデオ、Prime Music、プライムフォト、プライムリーディングなどのデジタル特典を追加料金ナシで使える会員制のプログラムです。

アマゾンプライムの費用は、年間プランで3,900円(税込)、月間プランで400円(税込)です。

SNS上の意見など

私の考えるアマゾンプライムリーディング(Amazon Prime Reading)の価値

本を買った時、その本をまるまる一冊読む必要などは、ほとんどの場合ありません。

自分にとって必要な部分だけを読めば、あとは読み飛ばして、捨ててしまっても構わないのです。

ところが、500円でも1000円でも、定価を支払って本を購入した場合、私は貧乏人根性か、ついつい「隅から隅まで読んで、払ったお金の分は元をとってやろう」と考えてしまいます。(そんなのは私だけでしょうか…)

 

その考えには落とし穴があり、隅から隅まで読むことで、金銭的に元が取れても、「自分の大事な時間」というものを、無駄にする可能性があります。

「自分にとって必要でないものを読む時間」は勿体ないのです。

ところが、プライムリーディングのように「読み放題」ならば、ちょっと気になるタイトルの本を選び、目次をサーッと見て、気になる部分だけを読むことができます。

面白ければ全部読めばいいし、そうでなければ、すぐにやめることができます。

これこそが「読み放題」の価値だなと思いました。

私の場合、読み放題(プライムリーディング)のためだけにAmazonプライム会員になったのではなく、ほかのサービスを利用するために会員になっているので、より、読み放題サービスにおいて「元を取ろう」という考えが起きずに助かります。

同様に、プライムビデオでも、映画やドラマを観てみて、面白くなければすぐに見るのをやめることができますね。

プライム会員になるには

アマゾンプライム会員になるには、下記から手続きができます。すでに会員の人も多いでしょうね。

 

あと、気づかないうちに会員になっている人も多いみたいですね(私の上司がそうでしたし、私も一度そうなっていたことがあります)。

上司は「こんな少額の買い物なのに送料が無料だ〜」と喜んでいたら、実はプライム会員になっていた…みたいな感じでしたよ。

(気づかないうちにプライム会員になっていて、会費を引き落とされていても、プライム会員のサービスを利用していなければ、退会して返金してもらうことができます。送料無料などを使用してしまっているとダメですが)

もし、プライム会員になっていたら、使えるサービスは活用しないと勿体無いですよ。

最後に

私のようにケチくさい考えがなく、1000円出して買った本でも、ちょっと読んで「必要ない」と感じたらすぐに捨てることができる域に達している人なら、読み放題サービスなど必要ないかも知れません。

私の場合は、アマゾンエコーも、Fire Stick TVもあるし、それぞれ活用しているので、年間3900円のアマゾンプライム会員の会費は、ものすごくお得だと感じます。

アマゾンエコー(amazon echo)は子供が喜ぶ!使った感想はもう一台欲しい

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑