私は超能力者だと夫から思われている!先読みできない男も悪くない

公開日: : 婚活

私は、夫から超能力者だと思われています。

それは、夫があまり頭が良くないからかも知れません。でも、その点については私は、不満はありません。

この話は、婚活においても、男性を見るときの参考になるかも知れません。こういうタイプの男性をいいと思えるようになれば、選択肢が広がるからです。

Sponsored Link

「お前は超能力者なのか!?」

「なんで分かったんだ!? お前は超能力者なのか!?」

こんなセリフを夫から言われた妻はあまりいないことでしょう。

夫はもともと「先を読むことや、気遣いのできない人」でした。

「普通の人なら推測できるようなこと」が全くわからないので、他人から気のきいたことをされると、なぜ、相手が「自分がこうしてほしいと思っているのが分かったのか」が理解できないのです。

例えば、レストランで

  • 夫はお酒をたくさん飲んでいる
  • 夫の視線がキョロキョロ動いた

   ↓

 私は、「夫はトイレに行きたいのだろう」と分かる

   ↓

 「トイレなら、そこの廊下の奥の右手だよ」と教える

   ↓

 「なんで僕がトイレを探していると分かったんだ!?」と言われる

 

 

  • チキンを手づかみで食べて、夫の手が汚れている
  • 夫の視線が動いた

   ↓

 夫は、手を拭きたいのだろうと分かる

   ↓

 私がティッシュを差し出す

   ↓

 「なんで僕がティッシュを探していると分かったんだ」と言われる

 

女性でも分からない人はいる

「手が汚れている+視線が動いた」→ティッシュが欲しいのだろう

と言うパターンは多いので、私は、夫に限らず、友人にも、サッとティッシュを差し出します。

学生時代には、女友達から「えー、なんで分かったの〜」と言われたことがあり、当時は内心、「誰でも分かるよ」と思っていましたが、結婚してから、「誰でも分かることではなかったんだ」と気づきました。

母が同じ

実家に帰って、お菓子を食べていたとき、手が汚れて、ティッシュが欲しいなと思ったとき、何も言わずとも、その視線の動きを見て、母がサッと出してくれました。

Sponsored Link

「ウンウン、これよね。これが普通よね」と私は思いましたが、家を出たら、そうではないのです。

人によっては、自分の家庭で当たり前だったことが、よそでも当たり前だと考えている人もいますが、違います。

だから、外で同じことを求めてはいけませんね。

メリット・デメリットは?

パートナーが、よく気のつく超能力者タイプ(?)だと、メリットもありますが、デメリットもあります。

メリット デメリット
何も言わずとも、配慮してくれるので楽 気づかれたくないことにもよく気づく
変化によく気づいてくれる  
仕事がよくできる  

 

パートナーが超能力者タイプだった場合は、明らかにメリットの方が多いでしょう。

ただ、私は、「気づかれたくないことにも、よく気づく」というのがイヤなので、それなら鈍感なぐらいの人の方がいいわと思っており、夫に満足しています。

仕事に関して

仕事において、あまりに先読み力がないと厳しいものがあるでしょうけれど、うちの夫はなんとかやっています。

普通のサラリーマンとしてはそれほど出世しなかったかも知れませんが、親の仕事を継いで、大きなお金を動かしたりするのは、経験からいろいろ学んでいるのか、ちゃんとできています。

世の中の状況を見て分析して、「これからの時代は、○○がイケる!」と考え、新たな分野を開拓したりするのは、夫には無理だと思いますが、そういう推測は、普通の人でもなかなか難しいでしょう。

仕事が、そこそこできていれば、日常生活における先読み力は、それほどなくても、あまり困ることはないでしょう。(妻がサポートできるので)

最後に

いくつかの状況から、「こうだろう」と推測することは、普通の人ならできることだと思いますが、それが分からない人もいるのだと、夫と結婚して知りました。

そんな頭の悪い男性と結婚するなんておかしいと思われるかも知れませんが、結婚してみると、悪くないですよ。

私がごまかしたいことがある場合、かなり無理のある嘘でも気づかれずに済みますしね…。

賢すぎる男性との結婚生活は、私は向かない気がします。

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑