玉田多紀(ダンボール造形作家)の作品は恐竜やジンベエなど!6/25シューイチ

公開日: : 最終更新日:2017/07/10 アート

2017年6月25日(日)放送の「シューイチ」のダンボールを使った作品を作るアーティストの「玉田多紀」(たまだたき)さんが紹介されます。

Sponsored Link

「シューイチ」とは?

「シューイチ」は、日本テレビ系列で2011年から日曜朝に生放送されているニュース・情報番組です。MCは、中山秀征さんと、片瀬那奈さんが務めます。

その6/25(日)放送回では、ダンボールを使ったアーティストの「玉田多紀」(たまだたき)さんが紹介されます。

「玉田多紀」(たまだたき)さんとは

玉田多紀さんは、玉田多紀さんは、1983年兵庫県生まれで、2007年多摩美術大学造形表現学部造形学科卒業。

ダンボールの強度と柔軟性を生かした独自の技法による立体を制作しています。

制作方法は、水に浸して、薄く剥がして皮状になったダンボールに木工用ボンドをつけて、粘土のように貼り付けます。筋肉の質感・皮膚のたるみやシワなども作り込みます。


古紙ダンボールを、生命の形に蘇らせることで新たな「再生」をテーマに取り組んでいます。

[受賞歴]

2007年度 トーキョーワンダーウォール公募入選

2010年度 YOKOHAMA創造界隈ZAIMコンペ受賞

2010年度世田谷区芸術アワード“飛翔”生活デザイン部門受賞

「玉田多紀」(たまだたき)さんの作品は?

Sponsored Link

後に

ダンボールでこんなに、いろいろ作れるなんてすごいですね!

私は、ネット通販を活用しているので、ダンボールが家にたくさんたまってきますが、ダンボールをまとめる時、手が乾燥するのがイヤで軍手をはめて、ヒモで縛っていたことがあります。

ダンボールを触り続けると手が荒れますよね…。でも、アーティストはそんなこと気にせず、作品作りに没頭するんでしょうね。芸術家というのは、思いもかけない使い方を考えるので、そういうアイディアもすごいなぁと思います。

チョーヒカルのボディペイント作品紹介!リアル過ぎて魅力的!イチゲンさん

深堀隆介の金魚アートはアクリル樹脂で立体的で美しい!イチゲンさん

大村雪乃は丸シールだけで夜景を描く美術家!シューイチ

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑