自分の見間違い証言で相手が服役?”とらわれた二人”アンビリーバボー

公開日: : 最終更新日:2016/11/18 その他

2016年11月17日(木)の「奇跡体験!アンビリバボー」で、自分の間違った証言で、無実の男性を11年服役させてしまった女性の話が紹介されます。その後、二人が対面し、思わぬ展開となります。その紹介された話の元となった話は、一冊の本になっています。

Sponsored Link

「奇跡体験!アンビリーバボー」とは

 毎週木曜日に、フジテレビ系列で放送されている、ドキュメンタリー・バラエティ番組です。世界各国で起きた事件・事故などを再現しながら検証していくというドキュメンタリーです。ビートたけしがストーリーテラーを務めます。進行役は剛力彩芽です。

 

11/17の放送内容

11/17(木)の放送では、「実録!美女を恐怖に陥れた……全米戦慄!逆転裁判」という内容が放送されます。

自分の見間違い証言で11年服役した男は冤罪だったのでしょうか? 2人が衝撃の対面をしますが、その後、思わぬ展開が!?

事件の詳細

1984年、当時、大学生だったジェニファー・トンプソンは、順風満帆な人生を送っていました。その彼女の自宅に、暴行目的で男が侵入しました。

ジェニファーは、男の隙を見て逃げ出して、隣人に助けを求めました。ジェニファーは犯人の顔をはっきりと見ていたので、モンタージュが作成され、連日、ニュースでは情報提供が呼びかけられられました。

しばらくして、容疑者としてロナルド・コットン(22歳)が浮上しました。

警察によれば、ロナルドは16歳のときに前科があり、さらにジェニファーの事件当日のアリバイについても嘘の証言をしていたことが分かりました。

ジェニファーの証言によると、犯人はナイフを所持していましたが、ロナルドも逮捕時にナイフを携帯していたり、疑わしい点が次々と明らかになりました。

ロナルドは無実を主張しましたが、翌年行われた裁判では疑わしい点が多い上に、ジェニファーが「ロナルドに間違いない」という証言が決定的証拠となり、ロナルドは有罪となり、終身刑プラス50年の刑の判決がくだりました。

ところが、10年後,DNA鑑定によってロナルドの無実が証明されました。

その後、ジェニファーとロナルドの二人は出会います。

そんな二つの悲劇と、ゆるしと友情を描き,ジェニファーとロナルドが人生を再構築してゆくプロセスを伝える、原作となった本は、下記のアマゾンや楽天市場から購入できます。ジェニファーとコットンの二人が書きました。

Sponsored Link

↓ネットスクウェアの割引クーポンコード「nenga2018」ですよ。
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑