ヤマロク醤油(小豆島)の幻の醤油は通販可!見学できる?クチコミ新発見 旅ぷら

公開日: :

2018年4月1日(日)放送の「クチコミ新発見!旅ぷら」は、小豆島を旅します。
その中で、ヤマロク醤油が紹介されるようです。
Sponsored Link

「クチコミ新発見!旅ぷら」とは

クチコミしんはっけん!たびぷら。

「クチコミ新発見!旅ぷら」は、読売テレビ(ytv)で放送されている旅番組です。

仲の良い二人の旅人が、視聴者からのクチコミ情報をもとに、気ままな旅をします。

4/1(日)の放送では、義理の兄妹という関係の松本明子さんと原田龍二さんが香川県の小豆島を旅します。

その中で、「搾ったまんまの幻の醤油」として知られ、入手困難という、ヤマロク醤油が紹介されます。

ヤマロク醤油とは

ヤマロク醤油は、小豆島にある醤油メーカーです。

創業150年

創業当初は、醤油を搾る前の「もろみ」を販売するもろみ屋でした。

ヤマロク醤油には、築100年以上の木造の蔵があり、その蔵の土壁や土間の中には、100種類以上の醸造菌や乳酸菌が棲んでいます。

それらが醤油造りには不可欠なのだそう。

その醸造菌や乳酸菌を大切にしながら、現役150年の大杉樽や杉樽で、再仕込み醤油や、丹波産黒豆醤油などの醤油を製造・販売しています。

他には、ダシ入り醤油や、天然醸造醤油のポン酢などの調味料も製造販売しています。

醤油造りに欠かせない杉樽の桶も自分たちで作っているというのだから驚きです。

蔵の見学は無料&予約不要

『天然もろみ蔵』の見学はなんと予約不要で、突然の訪問も対応してくれるそう。無料。

見学の注意点: 見学前に納豆を食べないこと

もろみを育てる酵母菌や乳酸菌は、とても強い菌ですが、唯一、納豆菌だけには弱いのだそう。

醤油作りに欠かせない酵母菌や乳酸菌を守るためにも、気をつけてくださいね。

詳しいアクセス方法はコチラ

SNS上の口コミなど

ヤマロク醤油の通販サイト

ヤマロク醤油は、下記の楽天市場やアマゾンなどで購入できます。

Sponsored Link

以前、「白熱ライブ ビビット」のお取り寄せハウスのコーナーでも紹介されていました。

人気の商品は様々な番組で取り上げられますね。そして、ますます入手困難になります…

鶴醤(つるびしお)はバニラアイスに合う醤油!ビビットお取り寄せハウス

 

最後に

私は、あまりグルメでないので、醤油の違いなどはわからないのですが、それは本当に美味しい醤油に出会ってないからなのだろうなと思います。

いくら、美味しい醤油でも、添加物がたくさん入っていたら嫌なので、ヤマロク醤油の商品のように、余計なものが入っておらず、それでも美味しいという醤油はいいですね。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑