足立美術館は生きている日本画?庭園が素敵で外国人に人気!林修のニッポンドリル

公開日: : 最終更新日:2018/05/09 アート

2016年11月5日放送の「SmaSTATION」(スマステーション)で、外国人に人気の美術館として、島根県にある、和風庭園の素晴らしい足立美術館が紹介されます。アメリカの日本庭園専門雑誌で日本庭園ランキング連続1位の庭園です。

追記:2018年5/9(水)放送の『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)でも、紹介されました。

Sponsored Link
SmaSTATION!!とは?

スマステーション。テレビ朝日系で生放送されている情報バラエティ番組。通称「スマステ」。香取慎吾さん、テレビ朝日アナウンサーの大下容子(おおしたようこ)さんが出演。

その11/5 (土) に放送される内容は「日本人こそ知らない!?外国人がわざわざ集まる意外な人気スポットを徹底調査」。その中で「島根県の美術館に外国人が大挙!お目当ては生きている日本画!? 」ということで紹介されるのが、足立美術館です。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

庭園日本一足立美術館をつくった男 [ 足立全康 ]

価格:1944円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

足立美術館とは?

あだちびじゅつかん。足立美術館は島根県安来市(やすぎし)にある美術館です。

地元出身の実業家である足立全康(あだちぜんこう、1899年 – 1990年)氏が1970年に開館しました。

足立美術館が所蔵する横山大観の作品は総数130点にものぼり、質、量ともに日本一です。横山大観のほかには、竹内栖鳳(たけうちせいほう)、橋本関雪(はしもとかんせつ)、川合玉堂(かわいぎょくどう)、上村松園(うえむらきょうえん)ら近代日本画壇の巨匠の作品や、北大路魯山人(きたおおじろさんじん)、河井寛次郎(かわいかんじろう)の陶芸、林義雄(はやしよしお)、鈴木寿雄(すずしとしお)らの童画、平櫛田中(ひらくしでんちゅう)の木彫なども収蔵しています。

足立美術館の庭園は日本一!

足立美術館は、5万坪という広大で美しい日本庭園があることでも有名です。庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」などに分かれています。

庭園の手入れや清掃は、毎日、専属の庭師や美術館スタッフが行っています。全康は「庭園もまた一幅の絵画である」と言っていて、足立美術館の庭園は、絵画のように美しく、海外での評価も高いです。

足立美術館の庭園は、借景という、日本庭園の造園技法が採られていて、遠くの山や木々までも取り込んで、秀逸な造形美が完成されています。

  • アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』での日本庭園ランキング 1位 (2003年〜2015年)
  • フランスの旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』三つ星(最高評価)
  • フランスの旅行ガイド『Guide Bleu Japon』 三つ星(最高評価)

現在は、足立全康氏の孫の足立隆則氏が代表理事兼館長に就任しています。

 

 

『林修のニッポンドリル』の内容

2018/5/9(水)放送。

「計算された美しさ」「日本庭園」「15年連続日本一」

足立美術館の庭園には、計算された美の演出がある。

河の流れを枯山水で表現している。

窓枠は一見、邪魔なように見えるが、正面に回りこんで、そこから庭園を眺めると、1枚の絵画のように見える。生の額絵。

日本庭園は四季によって、さまざまな美しさを見せる。

Sponsored Link

足立美術館には「生の額絵」だけでなく、庭園が掛け軸のように見える「生の掛け軸」もある。

「生の掛け軸」は、庭園の一部を水墨画に見立てている。

足立美術館は枯山水庭(かれさんすいてい)だけではない。

茶室寿立庵(じゅりゅうあん)の庭や、苔庭、能登半島の赤松などもある。

赤松の植え方にも計算された美の演出がある。敢えて鑑賞者に近い、手前に赤松を植えることで庭園に奥行きが生まれる。

敷地面積は約5万坪。

問題:  足立美術館は、美しい景色を守るために、とんでもないことをした。それは何か?

A.庭園を永遠に綺麗に見せるために、背後の山々を買い取った。

 

足立美術館の景観を守っているのは「7人の匠」(庭師)。

足立美術館の枯山水庭の美しさを維持するのは7人の庭師。

足立美術館の枯山水庭に使っている砂は、地元、島根県奥出雲町横田から運んできたこだわりの砂。

この砂も7人のエキスパートが綺麗にしている。

2月〜3月に、すべての砂を水で洗う。

気温10度以下の寒空の元、砂の中から、細い木の根っこなどを除いていく。ゴミが小さいので素手でしか取り除くことができず、素手作業となる。

この地道な努力こそが、庭園の綺麗なコントラストを生み出している。

庭師たちが開館前に必ず行うのが清掃作業。落ち葉などを拾い、庭園の景観を損ねるものを徹底的に拾う。

7人の匠が、開館前には、ゴミが落ちていないか、お客様と同じ目線で庭園をチェックする。

問題: 落ち葉やゴミ以外に芝生に落ちている○○さえも取り除く

A.ミミズの糞(ふん)

壮大な景観を守るため、ミミズの糞さえも徹底的に取り除く。

 

足立美術館へのアクセスなど

  • 足立美術館
  • 電話 0854-28-7111
  •  〒692‐0064 島根県安来市古川町320
  • 開館時間 4月〜9月:9:00〜17:30 10月〜3月:9:00〜17:00
  • JR安来駅より無料シャトルバスで約20分
  • 車の場合 山陰道安来ICより約10分

足立美術館の公式サイトはコチラ

FACE BOOKはコチラ

最後に

足立美術館の美術館スタッフは、美術品の管理だけではなく、庭の手入れのプロでもあるんでしょうね。美しい庭は、毎日、手入れしないと、維持できません。庭というのは、どれだけ手をかけられるかが重要でしょうね。

足立美術館といえば、父は足立美術館の方と交流があるようで、数年前から、名前はちょくちょく聞いていたし、かなりの頻度で足立美術館に行っていたようなのですが、私は一度も行ったことがなかったので、テレビで見て、こんなに素敵なところなのだと知りました。

足立美術館には、かわいい童画の絵ハガキがあるとかで、父は毎回、買ってきています。テレビで取り上げられる足立美術館は、和風庭園のイメージが強いと思いますが、美術館なのですから、コレクションも注目してほしいですね。童画好きにもオススメです。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

足立美術館 [ 足立美術館 ]

価格:1944円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

 

大谷中学校(小矢部市)はまるでお城?メルヘンの町!マツコ有吉怒り新党

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑