西表島旅行記 2歳子連れでできる観光とお役立ち情報2016

公開日: : 最終更新日:2017/11/26 宿

2016年のGWに2歳の子連れで西表島旅行に行った時の記録です。りほこも、たくさんの人の旅行記を参考にさせてもらったので、自分も書いてみました。


事前準備

レンタカーを借りるなら、早めに予約しないと、数が少ないので借りられません。りほこたちは出遅れました。

タクシーは台数が少なく、私たちの泊まったホテルニラカナイのある上原港側とは反対の、大原港側に営業所があるので、呼んでも40分ぐらい待たされたりするとか。

事前に予約できるのは、半日観光や一日観光するようなタクシーです。路線バスもありますが、本数はかなり少ないです。

ホテルはニラカナイに泊まったのですが、ホテルのアクティビティも、現地に着いてからでは予約できないことがあるので、事前に予約したほうがいいでしょう。

今回、パックツアーと比較して、全部自分で手配したほうが安いので、そうしました。

ダイビングもしたかったのですが、西表島には託児所がないので、諦めました。

娘は2歳1か月で、オムツなど荷物が多いので、あらかじめ荷物をホテルに送っておきました。

Sponsored Link

西表島1日目

石垣島から西表島に向かう

11:45 石垣空港着

到着後すぐにタクシーで離島離島ターミナルに向かいました(約30分)

フェリー乗船券は、事前に、安栄観光のHPで予約しておくと5%オフです。(2016年9月現在)

フェリー出発10分前には桟橋に並んだほうがいいです。混むと、家族バラバラに座らなければいけなくなります。

フェリーはわりと揺れるので、心配な人は酔い止めがあるとよいでしょう。

ホテルニラカナイに行く人は、上原港行きに乗りますが、りほこたちは由布島観光の都合上、行きは大原港に入ることにしました。 

上原港に入って、50分車で移動して由布島観光して、また50分かけてホテルに戻るより、最初から大原港に行くほうが車での移動距離は短くなります。

上原航路より大原航路のほうが揺れにくいので、由布島観光するなら、この選択もオススメ。

13:00 石垣港発の船で西表島の大原港に向かう。乗船券は1人片道1570円の2人分で3140円ですが、予約により5%割引で2980円でした。 

13:40 西表島の大原港に着く 

観光タクシー

りほこたちは、レンタカーの手配をしそびれたので、タクシーを予約していました。やまねこタクシーで観光3時間:10700円。

西表島に一つしかない信号のことや、イリオモテヤマネコの話など、いろいろ説明してもらえるのが、レンタカーにはない、観光タクシーの良さですね。

由布島水牛車

大原港から早速、タクシーで由布島へ移動。水牛車に乗ります。由布島入園料(往復の水牛車含む) 1400×2人分=2800   

由布島

 干潮時は、水牛車に乗らず、歩いて由布島に渡る猛者も居ますが、水牛車に乗らずとも、由布島の入園料は要ります。

膝下まで水につかりながら歩いている人を見ましたが、水牛は、水中にフンをしているので、気をつけないと、踏むと思います。 

由布島水牛

由布島の水牛


由布島では、アイスクリームを食べたりしました。休憩中の水牛が水に浸かったりしていてかわいかったですよ。

水牛と記念写真も撮ってもらえます。買ったら1000円ぐらいでしょうか。 

由布島観光を終えて、タクシーでホテルニラカナイへ。50分弱かかります。

途中、ホテル手前の、星砂の浜も寄ろうと思いましたが、娘が寝ていたので、近くまでタクシーで行っただけで断念。

ホテルニラカナイ

(下記の楽天トラベルから予約できます)

 

16:40ホテルニラカナイ到着。事前に予約していたベビーカーを借りました。

ホテルニラカナイ

部屋はホテルのHPから安く手配したので、1階で、眺めはよくありませんでしたが、子連れでの移動のことを考えると、エレベーターを使わずに済むので便利でした。

1泊目51000円、2泊目59000円、3泊目59000円でした。

それぞれの部屋には、肩にかけられるぐらいの大きめのバッグがあるので、西表島滞在中のちょっとした荷物は、これに入れて持ち歩けます。

ペットボトルの水が毎日、無料で1本もらえます。足りなければ、ホテル内のショップで買えます。

りほこは、大きいペットボトルの水を買って、500mlのペットボトルに移し替えて使いましたが、衛生上は500mlをたくさん買ったほうがいいんでしょうね。

キッチンイナバ

18:00 この日の夕飯は、ホテルから歩いてすぐのキッチンイナバへ。ネットで、ホテルのそばにあっておいしいと知ったからです。

子連れには、座敷の席を用意してくれるので、オススメです。18時頃は空いていましたが、だんだん子連れ親子でいっぱいになりました。

キッチンイナバ

主人は変わったウミヘビなど食べていましたが、私は無難なものを。

娘は八重山そばをとても気に入って、よく食べていました。

おいしくて、ホテルに比べ、値段が手頃なので、翌々日の予約もしました。(翌日は月曜で定休日だったので) 

キッチンイナバ

キッチンイナバ 0980-84-8164

帰りが遅くなる人は、必ず、部屋にある懐中電灯を持って行きましょう。帰り道は街頭がほとんどなく、真っ暗で何も見えません。

西表島2日目

イリティダで朝食

ホテル内で朝食。ビュッフェです。

エプロンやウェットティッシュ、カトラリーなど、子供の食事に必要なものはほとんどそろっていて、とくに要るものはありませんでした。

子連れでカヌー

ホテルニラカナイのアクティビティで、2歳が参加できるものはほとんどありません。ですから、外部のツアーを手配しておきました。

「のんぷら」のファミリー専用カヌーツアー 中学生〜1人11000円、未就学6500円

GWは申し込んだらキャンセルができません。親切で良いガイドさんでした。小さなお子様連れにはオススメ。   

カヌー

カヌーも、子連れなので、ハードなコースはいきません。のんびりと。

 2歳の娘は、私と一緒にカヌーの前の部分に乗りました。私はパドル(=漕ぐ棒)も持たず、後ろに乗った夫が一人で漕いでくれました。

干潟

干潟


干潟でカヌーを降りて、カニを見つけたりして遊びました。

カヌーの後は移動。トイレ休憩あり。

 

 

砂浜

その後、近くの綺麗なビーチで遊びました。

海の見える場所で、ガイドさんが用意してくれた八重山そばをいただきましたが、娘もよく食べていました。

川遊び

Sponsored Link

昼食後は川遊びへ。川のそばで、ガイドさんが煎れてくれたお茶と、ちんすこうをいただきました。

ただ、川は海より水温が低く、すぐ撤収。うちは娘も疲れて寝ていたので、帰りましたが、別グループの親子は海でもう少し遊ぶとのことでした。

ホテルで夕食

15時前、ホテルに着くと、パイナップルジュースやお菓子などが玄関に置いてあり、自由に飲んだり食べたりできるようになっていました。

ホテル前ビーチ

ホテル前ビーチ


夕飯までは、ホテル前のビーチに行ったりしました。

18:0019:30 この日の夕食はホテル内のレストランのイリティダで。朝食と同じ店です。

ここは、子供の遊べるゾーンがあり、娘はほとんどそこで遊んでいました。

おいしかったですが、コスパはやはり、キッチンイナバのほうがいいでしょう。 

西表島3日目

イリティダで朝食。昨晩、子供が遊べるエリアがあることが分かったので、娘はそこで遊びたがって困りました。朝食時は子供の遊び場エリアは開いていないのです。

この日は、最初は、レンタサイクルで、浦内川ジャングルクルーズに行こうと考えていました。レンタカーを手配しそびれた私たちは移動手段が限られるので。子供を乗せられる自転車もあるとのこと。

が、前日、アクティビティカウンターに聞いたら、浦内川ジャングルクルーズのバスが9時に来るというので、それで行くことにしました。 

 ところが、当日、ロビーで、スタッフに確認すると、9時ではなく、9:30に来るとのこと。それでは、9:30出発のクルーズに間に合いません。

「9時に来るって聞いたんですけどー、自転車で行ったらいいですかねー」とスタッフに相談しました。

 すると、スタッフが「今すぐでよければ、車でご案内します」とのことで、乗船場まで送ってもらえて助かりました。ホテル側は、ミスはきちんとフォローしてくれます。

ホテルから乗船場まで、思ったより距離があったので、結果として、自転車で行かなくて良かったです。

浦内川ジャングルクルーズ

9:3010:30 浦内川ジャングルクルーズ。大人1人1800円。

浦内川リバークルーズ

多くの人は、上流船着場で降りて、マリユドゥの滝やカンビレーの滝を見に、トレッキングに行きます。が、うちは2歳児連れで無理なので、行った船に、そのまま乗って下流船着場まで戻りました。

 帰りは、少し待って路線バスで移動。(浦内川〜ニラカナイ130円×2人=260円。バスは距離によって金額が変わります) 

行きも、路線バスがちょうどいい時間にあったら、往復とも路線バスで行きたかったのですが、ちょうどクルーズの時間に合うバスはなかったのです。

昼食は、ホテル内の別館にあるレストラン「パナリ」に行きました。 席数が少なく、メニューも設備も、子連れ向きではないかも知れません。しかし、イリティダは毎朝+夕飯1回で行ったので、この時はパナリに行ってみました。

イダの浜

13:20~17:40 ホテルのアクティビティ【イダの浜で遊ぼう】 大人3300円×2+幼児1700円=8300円

数少ない2歳児でも参加できるホテルのアクティビティ。

イダの浜

イダの浜


船でしか行けないビーチです。ホテルからバスで港まで行き、そこから船で向かいます。

ビーチだけだと飽きるかなと思い、事前に、クリアカヤックレンタルを予約しておきました。30分3000円ですが、ほかにレンタルする人が居ないからと、時間制限なく、好きなだけ使わせてもらえました。

クリアカヤック

クリアカヤックのほかには、SUP(=立って漕ぐ)があり、そちらを楽しんでいる人は数人居ました。バランス感覚が優れていないと難しそうだなと思いました。

娘はなんと海を嫌がり、ほとんど砂遊びをしていました。近所の公園と変わりません…。この2か月後からは海で楽しめるようになったので、ちょっと早かったですね。

子供の砂遊びグッズも貸してもらえました。子連れ家族が多い時は数が足りないかも知れませんが。簡易テントも貸してもらえます。風で飛んでいきやすいので注意。

 

再びキッチンイナバで夕食

この日はイダの浜に行ったりしていたので、遅くなり、19:30~20:30に行きました。家族連れがたくさん居て、子供用イスが足りませんでした。座敷なので、別にいいのですが。どうしても要る人は早めにお店に行ったほうがいいかも知れません。

前々日は明るい時間に帰りましたが、この日は遅くなったので、帰りは真っ暗でした。ホテルの部屋にある懐中電灯を持っていくのを忘れないでください。

西表島4日目

この日も朝食はイリティダにて。高速船に備えて、早めに7時から食べました。

大きな荷物は、ホテルから発送しました。今回、クロネコヤマトの往復宅急便で申し込んでおきました。が、ホテル内のショップに、どんな大きさの荷物でも一律2200円弱ぐらい(だったと思います)で引き受けると書かれていたので、うちの場合は、ヤマトの往復にしないほうが安かったと思いました。ちなみに往復で5632円でした。

8:55ホテル発のバスで、上原港に約10分で到着。 

フェリーで石垣島へ

9:30上原港発→石垣島行きのフェリーに乗る

(定価:片道1人2060円×2人分で4120円だが、予約により5%オフで3920円。大原港と値段は少し変わります)

 フェリーの列は、すごく混んでいて、大行列でした。でも、乗り切れないということはなく、お客さんの人数に合わせたのか、2艇出ていました。

10:20過ぎ 石垣島着

普通なら40〜45分ですが、少し遅れていました。

タクシーで石垣空港へ(30分)(2830円)

手荷物カウンターが混んでいて、かなりギリギリでした。出発便が迫った人は優先してもらえますが、りほこを含め、優先される人も多かったです。

ほとんど空港ではおみやげを見る時間はありませんでした。

12:00石垣空港発の飛行機で帰りました。

Sponsored Link

 

ツアー紹介

3歳以上のツアーが多い中、2歳以下でもOKのものを探しました。

↓13歳未満は保護者の同伴があれば可

【西表島・グラスボート】船浮・奥西表・内離島炭坑跡を周遊しよう!グラスボート秘境ツアー

 

↓小さい子連れだと長時間は不安ですよね。こちらは約3時間のツアー

【西表島・エコツアー】半日で効率的に自然体験!ファミリーも安心のゆったりツアー

 

↓対象年齢指定なし

【半日】お子さまも体験可能!バラス島で体験シュノーケリング

 

3歳や5歳からのツアー

↓5歳から。カヌーでマングローブの川を進み、ジャングルトレッキングで「ピナイサーラの滝」へ行くプラン。

【西表島・カヌー】5歳から体験可能!ショートコースで行くカヌー&トレッキング

↓3歳から

【西表島・トレッキング】子どもと一緒にプチジャングル探検!ファミリーでモダマ池を目指そう 

感想

正直、西表島の魅力を堪能するには、2歳だと、ちょっと早いかも知れませんね。

西表島までは移動も多いし、もう少し大きくなったほうが参加できるアクティビティも増え、楽しめると思います。

2017年GW大型連休,秋の連休はいつ? 旅行オススメスポット

“斉藤さんの家”はミシュラン掲載の古民家の宿!兵庫県篠山の集落丸山

婦人画報のおかいもの
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑