スカーフで防寒対策すればコーデ格上げ!メリットとデメリットは?

公開日: : 家事・生活, 美・健康

私は、防寒アイテムとして、スカーフを活用しています。

スカーフは防寒アイテムとして優れていますよ。オススメです。

Sponsored Link

スカーフを防寒アイテムとして使うメリット

首元がポイント

寒さ対策のポイントは「首元」。

寒い時は、首元を温めることが大事です。

スカーフをしっかり首に巻けば、かなり暖かくなります。

素肌だけでなく、タートルネックの上から巻くこともできるし、シャツの上からでも巻けます。

防寒アイテムであるマフラーなどと違って、屋内でもずっと着けていられるので、屋内で寒さを感じる人には、とくにオススメです。

上着代わりになる

「春や秋など、すごく寒いわけではないけど、何か羽織りたくなる程度の肌寒さ」の日。

私はジャケットは羽織らず、スカーフをすることがあります。

スカーフがすぐれているのは、結び方で、暑さ調節ができる点です。

とても寒いなら首元にピッタリする結び方。

それでは暑いなと思ったら、首元にゆとりのある結び方。↓

カーディガン代わりに羽織る結び方もできます。

また、私が、中途半端な気温の時期に「上着」ではなく、「スカーフ」を重宝しているのは、次の利点もあるからです↓

使わない時はコンパクトになる

スカーフは、持ち歩きやすいのが最大のメリットだと思います。

ジャケットは暑くなって、脱いだらかさばりますが、スカーフは畳んでしまえば、とても小さくなります。バッグに入れても邪魔になりませんね。

旅行の時に持っていくと、コンパクトなのに雰囲気が変えられて、とても便利です。

どのようにも使える

前述しましたが、スカーフはカーディガンのように羽織ることもできるし、マフラーのように首元に巻くこともできます。

オシャレに見られる

不思議なことに、スカーフって、使っているだけでオシャレに見られます。

「寒いから着込んでます」という感じになりません。

アクセサリーがなくても華やかに見えますよ。

カジュアルな服装の時も、スカーフ一枚するだけで、「ちゃんとした」感じに見えるのが不思議です。

年中使える

スカーフが汗で汚れることを気にしなければ、真夏でも使えます。

夏にスカーフを使う場合、屋外では日焼け対策として、屋内ではエアコンの効きすぎた部屋での寒さ対策として、と一石二鳥です。

スカーフを防寒アイテムとして使う場合のデメリット

真冬ではさすがに寒い

真冬は、やはり厚手のマフラーがいいかも知れませんが、私のように、とくべつ寒くない地域に住んでいて、車での移動が多い場合は、コートにスカーフで十分だと思います。

私は、厚手のマフラーは一本も持っていません。ストールはありますけどね。

水に弱い

スカーフの多くはシルク製。

水に弱いので、雨の日などには使いにくいかも知れません。

気にしないなら、どんな天候でもガンガンに使えばいいと思いますが。

スカーフの使い方

こういうスカーフアレンジを見ると、自分も使いたくなりませんか。

Sponsored Link

”スカーフ”アレンジ方法!使い方で大活躍!!ドラマ『地味にスゴイ』でも多々使用☆

 

高見えするオススメスカーフ

私はエルメスのスカーフも活用しますが、高価な分、汚れることが気になります。

「横浜スカーフ」は、値段のわりに、高価そうに見えて、かつ、合わせやすいのでオススメです。

私はよく通勤に使うので、紺系のスカーフを使っています。

スカーフは、さまざまな色が入っているほうが、服に合わせやすいですね。顔映りのいい色を選んでください。

休日は柔らかいピンク系を使うことが多いです。



 

最後に

 スカーフは、エルメスなどの高価なものは5万円ぐらいしますが、安いものなら数千円で手に入ります。一枚あると便利ですよ。

 長時間、極寒の中を歩き続けなければいけない人に、さすがに、冬の寒さ対策としてスカーフは進めません。でも、エアコンの効いた室内に居ることの多い人は、調節しやすいスカーフがオススメですよ。 

 車移動の多い人は、真冬でもコートではなく、ベストで出かけるという人も居ますよね。マフラーにするか、スカーフにするか、自分の生活スタイルに合わせて、検討したらいいと思います。

スカーフは巻き方次第で服にもバッグにもなる!ミニマリスト必須アイテム

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑