只野徳子(ただののりこ)はオーストラリアで有名な津軽三味線奏者!世界ナゼそこに日本人

公開日: : 芸能

2018年3月19日(月)放送の「世界ナゼそこに?日本人 〜知られざる波瀾万丈伝〜」で、オーストラリアで活躍する津軽三味線奏者の只野徳子(ただののりこ)さんが紹介されるようです。

Sponsored Link

世界ナゼそこに?日本人 〜知られざる波瀾万丈伝〜」とは

「世界ナゼそこに日本人」はテレビ東京系列で放送されているドキュメンタリー番組です。

世界で活躍する日本人を紹介するだけでなく、その国の社会問題や風俗、流行なども紹介します。

MCは、ユースケ・サンタマリアさんと、新井恵理那さん。

3/19(月)のゲストは、藤木直人さん、伊藤淳史さん、馬場徹さん、東貴博さん、渡部陽一さんです。

3/19(月)の放送は2時間SP。日本では無名なのにナゼかオーストラリアでは超有名な39歳女性として、津軽三味線奏者の只野徳子(ただののりこ)さんが紹介されます。

日本伝統の津軽三味線を披露して一夜にして大スターになったそうです。

「只野徳子(ただののりこ)」さんとは


出身地:千葉県。

津軽三味線の練習をしていた父の影響で、6歳から習い始めたそう。

2004年、日本語教師のアシスタント・プログラムで、ワーキングホリデー・ビザを取得し、メルボルンへ渡ります。

「オーストラリアの人々に日本文化を知ってほしい」という思いから、三味線をパフォーマンスするようになりました。ちょっとしたお小遣い稼ぎにもしていたそう。

彼女を一躍、時の人にしたのは、あるオーディション番組でした。

それは、ミュージシャンやダンサー、コメディアンなど、全国からあらゆるタレントが集まる「オーストラリアズ・ゴット・タレント」。

津軽三味線奏者の只野徳子さんは、ブルースシンガーのジョージ上川さんと音楽ユニット「George & Noriko」を組んで出演。

グランドファイナルまでには届かなかったものの、6000人を超える応募の中からベスト10までに選ばれました。

2008年、「George & Noriko」として、オーストラリアン・バスキング・チャンピオンシップで優勝。

2009年、青森で開催された第28回津軽三味線全国大会で審査員長特別賞受賞。

2009年、シドニーオペラハウスでソロ演奏。

2010年、ABC チャンネル「Spicks and Specks」でパフォーマンスをする。

Sponsored Link

さまざまなフェスティバルやコンサートなどに出演し、またブルースなどの、ほかのジャンルの音楽や楽器ともコラボレーションをするなど活躍中。

 

SNS上の口コミなど

最後に

オーストラリアでは大人気のようなのに、私は全く知りませんでした。ある国では人気なのに、母国では全く知られていないというのは不思議ですね。

今後は、逆輸入という感じで、日本でも活躍されるかも知れませんし、楽しみですね!

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑