光目覚まし時計intiSQUARE(インティスクエア)は眠れない人にもオススメ!感想

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 美・健康

2017年6月21日放送の「キャスト」(関西ローカル)で、睡眠特集があり、光目覚ましinti SQUARE(インティスクエア)が紹介されるようです。

Sponsored Link

光目覚まし「intiSQUARE」(インティスクエア)とは

intiSQUARE(インティスクエア)は、81%の人が朝起きるのがラクになったという、光目覚まし時計。音ではなく、光で起こしてくれます。

2500ルクス以上の明るい光を目から浴びると、目覚めを促すセロトニンという脳内物質が活性化しますが、インティスクエアは20000ルクスという朝日と同等の明るさです。その光を浴びることで、ストレスなく、スッキリ目が覚めることができるのです。

起床時に明るい光を浴びると、体内時計がリセットされ、朝は目覚めやすく、夜はきちんと眠くなり、グッスリ眠ることができます。

目覚める時だけでなく、朝食中、仕事中、勉強中などにも光を浴びると、集中力が高まったり、イライラを抑え、効率が高まります。

より詳しい商品説明は、後述の通販サイトのリンクにあります。

[注意点]

ただ、布団を頭からかぶる人や、うつぶせで寝る人、寝返りで、光の当たらない方向を向いてしまうなどの場合には、効果が十分に出ない可能性もあります。設置場所は重要ですね。

太陽をイメージして、頭よりやや高い場所に設置するのがいいのですが、ちょうどいい位置に棚などがない場合は、壁に貼り付けるなどしなければなりませんし、電源の位置との兼ね合いで、事前に、ある程度、設置場所はイメージしておいたほうがいいかも知れません。

SNS上の口コミなど

価格についての意見

「欲しいけれど高い」という声が多いですね。学生さんなどには辛い価格かも知れません。

使った感想

私も購入しましたが、目覚まし時計としてはあまり利用していないので、参考にならないかも知れません。

何のために買ったかというと、朝、強い光を浴びるためです。

その結果、よく分かったのは、「目が覚める〜!」という感覚はないものの、夜、ある程度の時間(6時起床の場合で、23時、24時ぐらい)になると、強く眠いと感じるようになりました。

それまでは、夜になっても、とくに眠くなることはなく、「そろそろ寝なければならない」と思って寝ていたので、ベッドに入るのが、ついつい遅くなりがちでした。

それが早く寝るようになったので、結果として、早起きが苦でなくなりました。

また、眠気を感じてベッドに入るので、気持ちよく、すぐに眠れます

目覚まし時計として利用できない理由は、夫と子供と3人で寝ているためです。

私は子供や夫より先に起きて、朝の用事をするので、一緒に起きられたら、かえって困るのです…。朝は唯一、ゆっくりできる時間なので、思いがけず、子供が早起きしてきたらガッカリな感じです。

ただ、自分の顔にだけ光を当てられる付属品も販売されたので、それを使えば、ほかの家族は起きることなく、自分だけ起きられるかなとも思います。

私は低血圧ですが、もともと起床に関しては苦痛ではなく、パッと起きられます。そういう意味では、光目覚ましなど使う必要がないと思われるかも知れませんが、アラーム音で仕方なく目覚めるのと、光で気持ちよく目覚められるのとであれば、後者がいいに決まっています。

また、「紫外線をほとんど出さない明るさ」というのも魅力です。毎朝、起床してから太陽の光を浴びたら、身体にとっていいのは知っていましたが、紫外線が怖くて、すっぴんの状態では光を浴びる気になれませんでした。インティスクエアだと、紫外線の心配が要らないので、光を浴びるためにだけ購入ました。

価格が高いという声も多いですが、毎日使うもので、小さくても起床というストレスから解放されるなら、価値はあると思います。

眠れない人のためにも

インティスクエアは、「朝、起きられない人」のためにあるようなアイテムだと思われがちですが、私は逆に「眠れない人」にもオススメします。

先日、眠れないという友人が、「睡眠薬に頼っている」と言っていました。彼女は、体質的に眠れないようで、「眠れるようになる」と言われる習慣を聞いては、いろいろ試してきたそうですが、結局、どれもダメだったんだとか。

私は、逆に、「眠れるようになる」ことを試すのではなく、インティスクエアのように「目が覚めるようになる」ことを試したらいいのになと思いました。

昼間しっかり目が覚めたら、夜眠くなるからです。

私の場合は、インティスクエアによって、「夜、ちゃんと眠くなる」という効果がありました。

光目覚ましinti SQUARE(インティスクエア)の通販サイト

インティスクエアは、公式サイトが一番安いようです。公式サイトは下記↓

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)

インティスクエアは、下記の楽天市場でも購入できます。 アマゾンでも探しましたが、見つかりませんでした。

ほかの安価な光目覚まし時計は、十分に目が覚めるだけの光量がないようです。

 

YOKONE2(ヨコネ)の通販サイト

「キャスト」では、intiSQUAREとともに、横向き寝専用まくら「YOKONE2」(ヨコネ2)も紹介されるようです。横向きに寝る人にとってはいいですね!

 

 

↓ネットスクウェアの割引クーポンコード「nenga2018」ですよ。
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑