松阪名物黒毛和牛”モー太郎弁当”は牛の顔が目印!ビビットお取り寄せ

公開日: : 最終更新日:2018/03/31

2016年10月28日の「白熱ライブ ビビット」の、NEWS加藤シゲアキさんのコーナー「カトシゲのお取り寄せハウス」のテーマは「駅弁」。その中でインパクトある牛の顔のフタの「松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当」が紹介されます。

Sponsored Link

「白熱ライブ ビビット」とは?

はくねつらいぶびびっと。TBS系列で、平日の朝に生放送されている、ワイドショー・情報バラエティ番組です。MCは、国分太一さん(TOKIO)と、真矢ミキさんです。

その10/28放送のNEWSの加藤シゲアキさんのコーナー「カトシゲのお取り寄せハウス」で、「モー太郎弁当」が紹介されます。駅弁も取り寄せできるんですね!

「かしわめし」の記事はコチラ

「香箱蟹ごはんのかにすし」の記事はコチラ

「母恋めし」の記事はコチラ

「松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当」とは?

「モー太郎弁当」は、駅弁の「あら竹」が販売している、松阪黒毛和牛しぐれ風味のすき焼き弁当です。黒い牛の顔の容器で有名です。メディアでも多数取り上げられています。

  • 松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当
  • 価格 1,350円(税込)
  • 原材料 国産黒毛和牛、三重県産コシヒカリ
  • アレルギー  牛肉  (調味料の一部に大豆・小麦を含む)
  • サイズ 25cm × 20cm × 5cm
  • 容器は電子レンジだが、電子レンジに入れる時は、必ずふたの裏のメロディーセンサーを外すこと
  • 主な販売場所 松阪駅

「ふるさと」のメロディが流れるメロディセンサーは、再利用できます。光に反応して音楽が流れるので、引き出しや冷蔵庫などに入れておいてもいいですね。秘密の引き出しに入れておいたら、こっそり家族が開けた時に分かっていいかも?

「モー太郎弁当」を購入するには?

モー太郎弁当は、おもに松阪駅で購入できますが、「お取り寄せハウス」で紹介するのですから、もちろんお取り寄せできます。

通信販売ができる「あら竹」のHPはコチラ

Sponsored Link

松阪牛トリビア

「松阪牛」は、正式には「まつさかうし」と読みます。でも一般に「まつさかぎゅう」と呼ばれていますね。

「松阪牛」は、但馬牛など、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れて、三重県松阪市やその近郊で育てた牛のことです。品種としての呼称ではありません。

 

感想

「モー太郎弁当」は見た目のインパクトがすごいですよね。一度見たら忘れません。フタを開けたら音楽まで鳴るなんて、ビックリです。

私は、お医者さんの学会の手伝いの仕事をしていたのですが、その際、ランチョンセミナーと言って、昼食を食べながらのセミナーがあり、会場のある土地の名物のお弁当などを配っていました。この「モー太郎弁当」はおいしそうですが、音楽が鳴るので、セミナーの時は、残念ながら、配れませんね…。

話がそれましたが、駅弁も取り寄せて家で食べられるなんていいですよね。子供も喜びそうです。

スエヒロ家のイベリコ豚丼!ビビットカトシゲお取り寄せ

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑