石けんシャンプーで洗髪! オススメはミヨシとシャボン玉石鹸

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 合成界面活性剤不使用

合成界面活性剤の毒性・危険性を知って、石鹸シャンプーに切り替えてから約12年。

オススメの石けんシャンプーや、その効果についてご紹介します。

Sponsored Link
石鹸シャンプーのやり方については、いろいろあると思いますが、りほこのやり方をご紹介します。

正しいやり方かは分かりませんが、今のところ、りほこにとっては、快適であり、綺麗な髪を維持できています。

結局、「正しいやり方」をしても、トラブルが起こって、自分に合わなければダメだし、「正しくないやり方」だとしても、結果として、自分の髪がキレイで快適ならば、それでいいと思います。

皆さんも自分に合うやり方を見つけてください。

オススメの石鹸シャンプー

オススメは下記です。

  • ミヨシ 無添加せっけん 泡のボディソープ(液体)
  • 固形のシャボン玉石鹸

2種類使っているのではなく、旅行中はシャボン玉石鹸、家ではミヨシのボディソープです。もちろん1種類でもいいです。

成分が「水」と「石鹸」だけの物にこだわっています。

とくに、ミヨシの5Lの泡のボディソープはコスパがいいのででオススメです。

ちなみに、調べると、ミヨシの場合、ボディソープと「無添加せっけんシャンプー」との違いは何かというと、せっけん組成や、水に溶けている濃度の違いなんだとか。

ですから、使用量を調節すれば、ボディソープでも、石けんシャンプーとして代替できるそうです。

私の場合、そんな情報も知らず、勝手に代替していましたが。

周囲からの髪の評価

モデル経験もあるりほこは、テレビで紹介するヘアケア商品のオーディションに行ったことがあります。

その際、オーディションに来たプロデューサー(女性)は、私の髪を触りながら、「わぁ、キレイな髪〜。こんな髪がキレイなモデルさんが来て、私、ラッキーだわぁ」と呟いていました。

そのほかにも、美容室で「キューティクルのしっかりした髪ですね」と言われたこともあります。

Sponsored Link

友人たちからは、「髪きれいだよね」と言われることがあります。

お世辞もあると思いますが、髪がきれいでなかったり、傷んでいるなと感じたら、わざわざ、髪の話に触れることはないでしょう。

抜け毛・薄毛予防

りほこが石けんシャンプーにしてから、夫も同じやり方をしていますが、夫は「石鹸シャンプーにしてから髪にコシが出てきた」と言っています。

実際、この12年で、夫の髪がボリュームダウンしたとは思えず、現状維持しています。(まだアラフォーだからかも知れませんが)

一般的なシャンプーだと、髪が細くなっていくという説もあります。髪の本数は変わらなくても、細くなればボリュームダウンにつながるので、薄毛が気になる方は、石鹸シャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

石けんシャンプーのやり方

1.洗髪前に軽くブラッシング

2.お湯で髪の汚れを流す

3.石けんを泡立てて、髪を洗う

4.しっかりと、石けん成分を流す

5.洗面器にお湯を入れて、そこに酢を大さじ2、3杯分いれて「酢リンス」を作る(量は適当)

6.酢リンスを髪全体に行き渡らせるように、頭にかける

7.酢リンスをしっかり洗い流す

上記の行程は7つもあるように見えますが、簡単に言えば「石けんシャンプーで洗って、酢リンスをかける」です。

酢リンスをかけた後、いきなり髪がサラサラになるので、化学変化してる〜という感じがします。

髪が慣れてくると、酢リンス不要になり、今のりほこは、酢リンスなしです。

酢リンスを使わない場合は、ほんの少しだけゴワゴワ感が残るかも知れませんが、それは、今のりほこにとっては、ボリュームにつながっているので、ちょうといいです。

ただ、一般のシャンプーから、石けんシャンプーに切り替えた数ヶ月は、酢リンスなしでは、とてもじゃないけれど、ゴワゴワして大変だと思います。

ゴワゴワしてムリ

実際、友人たちからよく言われたのが、「私も石鹸シャンプーには興味あるけど、ゴワゴワしてムリ」というものです。

最初の1か月はりほこも大変でした。しかし、1か月頑張れば、キレイな髪になりました。

ゴワゴワ感は徐々に減ってくるので、ぜひ頑張ってほしいです。

石けん生活の難点

 石鹸生活に慣れてくると、もう、一般的なシャンプーは使えなくなります。

なぜなら、一般的なシャンプーの香りが、いい香りと思えないどころか、不快な香りに感じるようになるからです。

石けんに切り替えてから、普通のシャンプーの香りを嗅ぐと、こんなに人工的な香りのものを使っていたのかと感じます。

だから、りほこは美容室では、シャンプーをしてもらいません。それは香りが嫌なのもありますが、せっかく石鹸シャンプーに慣れてきた髪が、また逆戻りして、「石鹸で洗うとゴワゴワする髪」になったら嫌だからでもあります。

肌断食ならぬ、髪断食!?

「肌断食」のように、「髪断食」もしています。

洗髪後、何もつけないし、トリートメントなどの特別なケアはしないのです。(何もしないという意味では、本当は石鹸シャンプーより、湯シャンがいいのでしょうけれど、りほこにはイマイチ合わなかったのて、石鹸シャンプーです)

りほこは石鹸シャンプーを始めて以降、カラーもパーマも全くしないようになりました。

そのお陰で傷んでいないというのもあるのかも知れません。

美容室でトリートメントを受けることもありません。

若い頃は、高価なシャンプー・リンス・トリートメントのシリーズを購入して使っていました。そして、美容室ではトリートメントも受けていました。

しかし、今の髪の状態を見ると、髪のためには、それらは全く必要なかったと思います。

頭皮マッサージのススメ

「頭皮が固くなると髪が薄くなりやすい」というのを聞いて以来、頭皮マッサージをしています。

トリートメントなどに頼るより、頭皮マッサージをして、頭皮を柔らかく保つことも大事だと思います。

白髪対策は考え中

石鹸シャンプーはこのまま継続します。

ただ、気になるのは白髪です。

今のところ、まだ染めるほどの量はありませんが、白髪が増えてきた時、白髪染めをどうしようか、身体に悪くないものはあるのだろうか、染めた場合、石鹸シャンプーとの相性はどうなのだろうか、と考えています。

まだりほこにとっては、数年先になるかも知れませんが、情報を集めて、使い始めたら、ご報告します。

歯磨き粉のいらない歯ブラシMISOKA!未来世紀ジパングで紹介

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑