ゲッターズ飯田の占い本は当たらない?当たっていた具体例!2020

公開日: : 家事・生活

私は、三年前から、毎年、ゲッターズ飯田さんの占い本を購入しています。

もちろん、理由は「当たっているから」です。

当たらないと思っていた

昔から、細木数子さんや四柱推命の本など、いろいろ占い本はヒットしていますが、会って個別に見てもらう占いと違って、大勢の人にあてはまる占い本は、当たらないものだと思っていました。

なので、最初、ゲッターズ飯田さんの本を買った時も、そこまで期待はしていませんでした。

ちなみに、私は、ゲッターズ飯田さんの占いでいうところの「銀の時計」です。

2016年の本から

「占い」の本というのは、悩みがある時に購入するものではありませんか?

実際、私も2016年は悩んでいました。

それは離婚するかしないか、悩んでいた時期で、これまで働いたことのなかった私が、仕事を始めたのもこの頃です。

本に書かれてある具体的に当たっていた部分を一部、紹介します。要約。

2016年人生でベスト3に入るほどの重要年。ターニングポイントになる大事な一年。
運気的には昇り坂の途中だが、傾斜がもっともキツくなる時期。苦労して悪い年のような印象があるが、「良質の筋肉」がつく年。
この年は、何かを「定めて」、自分の「芯」をつかむこと。それができれば、6年後に爆発的に良い年になる。
逆にここで決められなかったら、一生フラフラした人生のまま。転職し続けたり、何歳になってもやりたいことが見つからなかったり、煮え切らない人生を送る人もいる。
この年に、離婚問題という大きな問題があったから、仕事を始めることにしました。
長年、専業主婦だった私にとって、新しく仕事を始めるのは大変なことでした。就職活動で書類や面接で落ちる度に、自分の今後が不安になったものです。
 
離婚の問題もあるし、仕事の問題もあるし、とても大変でしたが、このきっかけがなければ、仕事を始めることもなかったでしょうし、まさしく占いの通りだと感じました。
 
それまでは、お気楽な専業主婦で、毎日ランチや買い物に行ったりして、楽しかったものの、とくに生産的なことをしていないため、充実感は得られませんでした。
 
が、仕事を始めるようになってから、毎日が満たされるようになりました。
 
もしこの時期に仕事を始めなかったら、「一生フラフラしたままだった可能性がある」のも納得できます。

2020年の本から

それから毎年、ゲッターズ飯田さんの本を買っています。

最新版でも当たっていると感じました。

ゲッターズ飯田さんの占いが当たっていた部分を具体的に紹介します。

2020年の本は、2019年後半に発売されるということもあり、2019年後半の運気についても書かれています。

 
銀の時計の「2019年後半の運気」。
「総合運」さまざまなプレッシャーから解放される「解放の年」。
周りから嫌な人がいなくなって、魅力や能力を買ってくれる味方が増えるなど、人間関係も変化しはじめる。
私は実際に、7月に退職し、8月から新しい仕事に就いたのですが、前職は、上司がひどく、自分のミスも人のせいにする、聞いたことも聞いていないと言う、すぐ怒鳴る、など感情的で、私はかなりひどい待遇を受けていました。
 
そこを辞めることになって、次は、「ぜひ来てほしい」という人のところで働くことになったのですが、上司がとてもいい人で、私の能力もよくかってくれて、毎日楽しく仕事ができるようになりました。
まさしく占いの通りだったのです。
 
年齢や職種をこえて、幅広い人脈をもつ 
 
これは自分でも不思議なのですが、日本人なら誰でも知ってるあの人と5人で食事したこともあります。
 
基本性格
周囲の言葉や態度に振りまわされやすく、言い換えると、人に執着することで、自らブレにいっているともいえます。
離婚するか否かの騒動になった時、実際のところは、周囲が、「離婚したほうがいい」と言い、私はそれに流されてしまった感があります。
 
私が夫からされた仕打ちはひどく、周囲はやめたほうがいいと思ったようですが、私としては、それほど大したことではないと感じていたのです。それで結局、戻りました。
 
私は自分ではしっかりしているつもりでしたが、人の意見に流されやすいところがあるのだと知った騒動でした。
 
心は「庶民」 
 
私は、これを読んだ時に、昔からお嬢様と言われ、それなりの生活をしてきて、今も普通よりはいい生活をしていると思うので、「庶民」なんておかしい、と思いました。
このブログでも、紹介しているように高級会員制ホテルなども利用しています。
 
が、よくよく考えると、細かい節約が大好きで、私は自分だったら、お金があったとしても高級会員制ホテルの会員になるなど、そんなお金の使い方はしなかったと思います。
 
無駄な出費はおさえ、出費はメリハリが大事だと考えています。
ホテルも自分で選ぶと、高級ホテルではなく、安くて便利なホテルを選んでしまいがち。
根っからの庶民なのかも知れません。
ゲッターズ飯田さんの本は、それに気づかせてくれました。
 
人を手助けするなど他人を支えるための行動も多い。 
 
確かに、私は人の手伝いをすることが多く、多くの人の婚活の手伝いをしたりもしました。
お年寄りには席を譲るし、目が見えない人がいたら案内します。

ゲッターズ飯田さんの本

ゲッターズ飯田さんの本はネットでも買えます。 

最後に 

ゲッターズ飯田さんは、水晶玉子さんを尊敬しているようだったので、水晶玉子さんの本も買いました。
でも、そちらは私はあまりピンとこず、ゲッターズ飯田さんのほうが当たっているように思いました。
両者の占いが完全に一致しているかといえば、異なりますし、わからないものですね。
 
当たらないと感じる人もいるかも知れませんが、少なくとも、私は当たっていると感じているので、参考にしています。 


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑