アマゾン一時停止?no-reply@accounts.google.comからのメールの簡単な確認方法

公開日: : 最終更新日:2020/10/07 その他

最近、多い、フィッシングメール。

アマゾンの名前を語った怪しいメールが、私のところにも、届きました。

ひっかかった友人

先日、友人が、アマゾンを装ったフィッシングメールにひっかかりました。

ちょうどクレジットカードの切り替え時期だったこともあり、詐欺メールの「アマゾンが使えなくなっている」という連絡を真に受けてしまったようです。

幸い、すぐ気づいたのですが、クレジットカードを一回でも止めると面倒ですよね。

ネットで確認すると、この詐欺にひっかかり、知らないうちにカードで50万円ぐらい買い物をされていたという被害も報告されていたので、怖いです。

私のもとに届いたメール

送信元: no-reply@accounts.google.com

件名: 【重要】Amazon.co.jpは一時的にご利用いただけません

 
 
こんにちは,
あなたのアカウントは利用規約に違反していますAmazon.co.jp あなたのアカウントは一時的になります 無効.
理由: お支払い情報を更新できませんでした
再度アカウントを有効にするには、以下のリンクと手順を開いて、このアカウントがあなたのアカウントであることを確認してください。
https://amazon.co.jp/login/verification
Amazon.co.jp のサポート
 
 

 

すぐに気づいた理由

私は、セーフティーアドレスを利用しており、アマゾンについては「○○-amazon@yahoo.co.jp」、楽天については「○○-rakuten@yahoo.co.jp」などと使い分け、メインのメアドや、そのほかのネットショッピングに利用するメアドは、別にしています。

Sponsored Link

そのため、アマゾンを語ったメールが、「○○-amazon@yahoo.co.jp」以外に届いたら、すぐに「これはアマゾンからのメールではない」とわかります。

また、このような「セーフティーアドレスによるメアドの使い分け」のいいところは、もし、そのメアドに迷惑メールが届くようになったら、流出元はそのサイトだと特定できる点ですね。

簡単な確認方法

ネットで調べてみると、そのメールが正規のものかそうでないかを確認するためには、メールのヘッダーをチェックしたり、ちょっと複雑な方法が紹介されていました。

でも、私は難しいことはわかりません・・。

アマゾンから「アカウントが一時的に無効になる」と連絡がきたら、とにかく、アマゾンにアクセスしてみればいいでしょう。

ただし、メールに表示されたリンクはクリックしてはいけません。

「検索エンジン等で検索したURL」や、自分の「お気に入り登録したURL」から、アマゾンにアクセス → ログインして、何の問題もなければ、そのメールが詐欺メールだったとわかりますね。

フィッシング対策

 正規から届いたメールであっても、メールに書かれているリンクは、とにかくクリックしてはいけません

銀行でも、アマゾンでも、ネット検索して表示されたURLから、たどりつくのがいいでしょう。

よく使うサイトは、お気に入りに登録しておけば手間も省けます。

 個人的には、セーフティーアドレスがオススメですよ。

いつでもどこでも何にでも使うメールアドレスが、一つだけなんて、心配すぎます。

使い分けるのは面倒と思うかも知れませんが、慣れれば苦ではありません。

 詐欺には気をつけてくださいね。

PAGE TOP ↑