床拭きロボットブラーバは毎日使う勝間和代オススメ品!サタデープラス

公開日: : 最終更新日:2016/12/26 トレンド

2016年12月17日放送の「サタデープラス」で、勝間和代さんオススメの拭き掃除のできる床拭きロボット「iRobot Braava(ブラーバ)」が紹介されます。乾拭きも水拭きもしてくれるロボットです。

TBSドラマ「逃げ恥」のイケメン風見さんの家でもブラーバが使われていました。

Sponsored Link

12/17放送の「サタデープラス」の「マネープラス」のコーナーでは、久本雅美さん、森永卓郎さん、勝間和代さんが今年(2016年)、自分が使ってみて「良かった~!」と感じたオススメ商品を披露します。

お金の賢者が勧める買うべき商品ランキングです。

その中で、勝間和代さんは、使って得したアイテム掃除洗濯編1位として、床拭きロボット「Braava(ブラーバ)」を紹介しました。

「iRobot Braava(ブラーバ)」とは

 ブラーバは、乾拭きや水拭きなどの拭き掃除をしてくれるロボットです。これまでのルンバは、吸い込み式の掃除機だったので、かなり音がうるさかったのですが、ブラーバは吸い込むわけではないので、静かです。

深夜や、家族が寝ている時など、使う時間を気にしなくてもいいですね。

畳でも、フローリングでも、掃除できます。

乾拭きでは、ホコリや髪の毛を拭き取ってくれますし、水拭きでは、前後に動いて汚れを浮かしてキレイに拭き取ってくれます。

乾拭き・水拭きとも、専用のマイクロファイバーシートが各1枚ついてきます。

室内用のGPS「ノーススターナビゲーション」というシステムが障害物を察知して、お掃除するエリアを指示します。

段差からの落下や、ラグやカーペットへの乗り上げを避けるよう、センサーが察知します。この機能があれば、テーブルの上を拭くのも安心ですね。

ブラーバらにはバンパークッションがついているので、壁や障害物に当たっても、安心です。

掃除が終了したら、開始地点に戻り、自動的に電源がオフになります。

詳しい使い方についての動画↓

勝間和代さんのオススメポイントと活用法

  • ルンバと違って、とにかく静か。
  • 走っているだけだから電池のもちもいい。
  • センサーがあるので、テーブルを拭かせる時に、テーブルから落ちることがない

ブラーバには、最初から、専用の布はついていますが布は使用後、洗って干すという手間があります。だから勝間さんは、(クイックルワイパーなどの)立体吸着シートを使っているとのこと。それなら、使い捨てにできるので楽チンです。

床拭きロボットと言われていますが、勝間さんはテーブルを拭くのにも使っていましたね。活用法はいろいろあります。

勝間和代さんいわく、「毎日使うものは高価でもいい。1年に数回しか使わない3000円のものより、毎日使う5万円のもののほうが価値がある」とのこと。

毎日使うと思えば、ブラーバも高くない買い物ですね。

SNS上での感想など

 

iRobot「Braava(ブラーバ)380j」の通販サイト

iRobotブラーバは、下記の楽天市場やアマゾンで購入できます。

価格は12/17時点では、アマゾンで38980円です。

Sponsored Link

最後に

床拭きは大変ですよね。私は普通の掃除機をかけるより、拭き掃除のほうが面倒なので、これはいいなと思いました。

いちいち布を洗うのは面倒なので、勝間さんのように、クイックルワイパーなどの使い捨ての立体吸着シートを使うのも、いいアイディアだなと思いました。洗うより衛生的ですしね。

“セーター干しネット”は浴槽の上で干せて服が伸びない!サタデープラス

日立のロボット掃除機ミニマルは小ささが魅力!狭い所も低い所も

アイリスオーヤマ炊飯器”銘柄量り炊き”はIH調理器と合体で1台2役!スマステ

ダイソンドライヤー”スーパーソニック”はすぐ乾く!マツコの知らない世界

ワッフルボウルメーカーでパーティーを楽しく!マツコの知らない世界

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑