昔ながらのお見合いで結婚! お見合い体験談

公開日: : 最終更新日:2017/01/06 その他

今の時代、昔ながらのお見合いをする人は少ないと思いますが、私はお見合いで結婚しました。

Sponsored Link

若さで勝負した過去

現在、アラフォーの私ですが、初めてお見合いしたのは21歳、大学生の時でした。

早いと思われるかも知れませんが、 抜群の美貌や、何か他より秀でているものがある人以外は、とにかく、若さで勝負するのがいいと思ったのです。

そして、現在でこそ、年下夫は普通ですが、当時の、昔ながらのお見合いでは、やはり、男性のほうが年上というパターンが多かったです。

そうなれば、女性側は若いほうが選択肢が増えますよね。(女性が23歳ならば、25歳の男性も、35歳の男性も対象になりますが、女性が28歳なら、25歳の男性は対象になりません)

お見合いにおいては、釣書を見て、まず私の親が気に入った人でないと、私は会うことができませんでした。だから、いろいろ紹介してもらっていたかも知れませんが、親が勝手に断った男性も居たようです。

初めてのお見合い

そんな親がOKを出して、初めて会ったのは、眼科医Yさん。

Yさんとその母親、私の両親と私、お見合い紹介者で、ホテルのカフェで待ち合わせ。

その際、Yさんのお母様が気を遣って、手みやげにお菓子をくださいましたが、都会ではない所からいらしたので、都会のお菓子とは違い、都会育ちの母は、そういう所に違和感を感じたそうです。

(別に、どちらが良くて、どちらが悪いということではなく、結婚とは家族同士も付き合いを続けるものだから、そういう違いを早めに知ることができるのがお見合いのメリットです。もちろん最終的には本人同士の相性が重要ですが)

皆でご挨拶した後、お見合い相手と私の二人だけでどこかに行くように促されました。

その後のコースは自由ですが、数人、お見合いしてみて、人によって、行く場所をある程度考えてきている人も居れば、全く考えていない人も居ることが分かりました。

レストランを予約している人も居れば、行き当たりばったりの人も…。行く宛もなく、延々と車を走らせる人も居ました。

最初のお見合いでは、映画を観るとか、遊園地で遊ぶとかいうより、じっくり話をする時間をとるようにすることが多いでしょうし、そうすべきです。

相手の結婚に対する考えや、価値観を探り、合うようなら、次につなげます。

私が経験したお見合いにおいては、個人的に連絡先を交換してもOKでした。

ただし、帰宅後、紹介者にはその旨、報告しますし、直接連絡をとりあうようになっても、紹介者への報告は欠かしません。(直接の連絡先交換など、このあたりのルールは、紹介者によるので、従いましょう)

相手のことがよく分からないなと思っても、「どうしても結婚はムリ」というのでなければ、もう一度、会うことをオススメします。断るのはいつでも断れるからです。

お断りする場合は、紹介者に連絡すれば良いので、普通の交際より簡単です。

お付き合いすることにしたならば

お見合い相手としばらくお付き合いしてみることにしたなら、1日のうち、できるだけ長い時間を一緒に過ごすようにしたほうがいいです。男性は仕事が忙しいと言うことが多いですが、一日3、4時間、一緒に過ごすのを数回、繰り返したぐらいでは、その人の本質は見えてきません。

昔ながらのお見合いでは、大体、3か月ぐらいで結論を出すものとされていました。早いと思われるかも知れませんが、家や親など相手の素性は分かっていますし、人柄については、分からない人は1年付き合っても3年付き合っても分からないものです。

交際期間が長くても、結婚後すぐ別れる人も居れば、交際期間が短くても、添い遂げる夫婦も居るでしょう。だらだら付き合うのがいいとは限りません。

       婚活パーティーを探す (広告)

お見合いの前後は、家を見に来られるかも?

お見合いをしている時は、自分の家に気をつけなければいけません。

Sponsored Link

相手の家族がこっそり家を見に来るかも知れないからです。

会う前の、釣書交換だけをしている段階では、相手はこちらの住所を把握しているため、会うかどうかの判断材料として、家を見に来ることがあります。

逆に、私の両親も、相手の家を見に行ったことがあります。

お見合いを始めようとしたり、お見合いをしている期間は、派手な服装で出入りしたり、夜遅くまで遊んだりしていたら、相手の家族に知れてしまうかも知れないので注意しましょう。

当時、私の兄弟が金髪にしていたのですが、親は、「(私の)お見合い相手に見られたら困るから、しばらく家に出入りするな」と言って、兄弟を出入り禁止にしていました。(友達の家に泊めてもらっていたよう)

いつ見に来られてもいいように、家のまわりはキレイに掃いておきましょう。

最終的には6、7人とお見合い

私はお見合いを始めたのが21歳と若かったので、22歳の頃には23歳の男性2人に会えました。

お見合いとは、かなり年の離れたおじさんとするイメージがありましたが、そんなに若くでお見合いをする男性が居て驚いたものです。

多くの人は、それなりに経済力のある人たちでした。ただ、一人はかなりの大金持ちなのに、話を聞いているとケチでした。

私の友達Yさんは、「実家のほうが金持ちだけど、体感的には、結婚した今のほうが金持ち」と言っていました。それは夫がお金を使わせてくれるからです。

私は、いくらお金がたくさんあっても、使わせてくれないなら意味がないなと思いました。

それでもかなり余裕のある生活ができそうなので、そのお金持ち男性は魅力的でしたが、ケチすぎて、税金対策で、最終的には日本を脱出し、海外に住みたいと言っていたので、お断りしました。

私としては、海外は、一時的に住むのはいいですが、永住は辛いです。海外に移住し、家族も友達も近くにおらず、お金もそんなに使えなかったら、よほどその結婚相手の人柄に魅力を感じない限りは難しいと思いました。

ほかにも、33歳ぐらいまでの男性数人とお見合いしましたが、家がかなり離れていたので、やめて、年の近い男性と結婚しました。

婚活サイトやお見合いパーティーの多い今の時代、私みたいに昔ながらのお見合いという形式はほとんどないのかもしれませんが、ご参考になれば。

魅力的で素敵な女性の条件! ゆっくり&柔らかい女性になろう

眉ティントを使えば海や温泉,旅行でも眉が消えない!王様のブランチ

日立のロボット掃除機ミニマルは小ささが魅力!狭い所も低い所も

世界チャンピオンチェザリのピザマルゲリータをお取り寄せ!ビビット

↓ネットスクウェアの割引クーポンコード「nenga2018」ですよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑