絶品お取り寄せイチローの味噌だれ餃子!ビビットで紹介

公開日: : 最終更新日:2016/10/22

2016年10月7日放送「白熱ライブ ビビット」で、「イチローの味噌だれギョウザ」「ホワイト餃子店の焼き餃子」「池田和三郎商店の博多炊き餃子」が紹介されました。

Sponsored Link

「白熱ライブ ビビット」の、NEWS加藤シゲアキさんが担当する『カトシゲのお取り寄せハウス』のテーマは「餃子」。餃子評論家で声優の橘田いずみさんも出演し、ベスト3を紹介しました。

1位 イチロー 味噌だれ餃子

味噌だれギョウザとは

味噌だれ餃子とは、酢醤油ではなく、特製の味噌だれで頂く神戸発祥の餃子です。味噌だれなのに、名古屋ではないんですね。

餃子のタレと言えば酢醤油とラー油を垂らしたものが定番ですが、兵庫県神戸市では「味噌」をベースに、様々な調味料を配合して作られたタレで頂くという、変わった餃子です。

実際、神戸には、味噌だれの餃子店がたくさんあります。「ひょうたん」「餃子屋 満園」「元祖ぎょうざ苑」などもがあります。メニューが餃子と飲み物だけというお店も多いんです。

神戸市は、南京町を中心に水餃子の店が多いものの、JR神戸線沿いには焼き餃子の店が多いです。その焼き餃子に味噌ダレをつけて食べるんですね。

味噌だれ餃子のはじまり

「味噌だれギョウザ」は中国・満州で生まれ、神戸で独自に進化しました。

日本で餃子が食べられるようになったのは、太平洋戦争後、満州に駐屯していた日本兵たちが、餃子を日本に持ち帰り餃子屋を開いたのがきっかけと言われています。

その中で、ある兵士が、日本ならではの調味料である味噌をベースに、独自の調味料を配合し生まれたのが「味噌だれ餃子」です。

神戸市では、この食べ方が定着しました。

神戸には、このイチローの味噌だれギョウザが食べられる店舗があります。

  • ギョーザ専門店 イチロー三宮店
  • 078-334-1660
  • 兵庫県神戸市中央区三宮町1−8 さんプラザB1F フロアマップ47番
  • 11:30~21:00

でも、神戸まで行かずとも、下記の楽天市場から買えますよ。大人気です。味噌だれギョウザ50個セットで、2180円。送料無料です。

味噌だれ餃子を食べたことがない人も、ぜひ一度ご賞味ください。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

餃子専門店イチロー【神戸味噌だれ餃子】ありそうでなかった神戸発のご当地餃子!★味噌だれ餃子50個セット★【2,180円送料無料】(4〜5人前)さらに!複数購入で最大120個おまけ!【RCP】【神戸】【餃子】【0501_free_f】

価格:2180円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)

Sponsored Link

 

3位の「ホワイト餃子店の焼き餃子」と2位の「池田和三郎商店の博多炊き餃子」はコチラの記事で紹介しています。

まとめ

餃子は家で手作りするのもいいですが、今はインターネットで簡単に、おいしくて安い餃子が買えるので、ついつい、作らずに買ってしまいますね。

神戸は、本当にギョウザ専門店が多いです。メニューが餃子と飲み物だけなのに、たくさんの人が訪れるんだからすごいですよね。

「神戸と言えば餃子」というイメージはあまりないかも知れませんが、今後、もし神戸に行ったら、ぜひ「味噌だれ餃子」を食べてみてください。

Sponsored Link

神戸牛詰め放題の”神戸ビーフ食品”の青空市!ソレダメで紹介

ホワイト餃子と池田商店の博多炊き餃子,ビビットで紹介

アスパラガスビスケットは浜ちゃん絶賛の菓子,ケンゴローで

歯磨き粉のいらない歯ブラシMISOKA!未来世紀ジパングで紹介

↑お得なクーポンコードは「nenga2019」ですよ。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑