たびりら(タビリラ)は地下足袋型の靴!通販可!口コミは?あさイチ

公開日: : 最終更新日:2017/09/09 美・健康

2017年9月5日(水)の「あさイチ」の『ピカピカ☆日本』のコーナーで、「地方自慢の“ピカピカ”なモノ」として、新しいタイプの地下足袋が紹介されるようです。

Sponsored Link

「あさイチ」とは

「あさイチ」は、NHKで2010年から平日朝に放送している情報番組です。番組の進行は、V6の井ノ原快彦さんと、NHKの有働由美子アナウンサーが務めます。

9/5(火)の「あさイチ」の放送内容は、「ピカピカ☆日本  進化する地下足袋」。

「工事現場やお祭りで見かけるもの」という印象が強い地下足袋ですが、今、さまざまな業界から注目を集めているそう。

地下足袋の特徴は、足の親指が、ほかの指と別になっている点。だから、地下足袋は、一般的な靴に比べて、親指の力をより使うことができます。

そのことから、スポーツ選手がトレーニングのために使い始めたりしていほか、子どもを健康に育てる「足育」のために使われたり、医療機関でリハビリ用シューズとしても使われています。

「地下足袋最前線」を、繊維の町”倉敷”(岡山県)から紹介します。

その中で紹介されるのが地下足袋メーカー「株式会社丸五」のようです。

「株式会社丸五」とは

「株式会社丸五」は、岡山県倉敷市にある地下足袋メーカー。1919年設立。

現在は、地下足袋だけでなく、安全スニーカーなどの各種作業用シューズ、長靴、作業用手袋等を製造しています。

その中でも「たびりら」(タビリラ)は、進化した地下足袋。靴のように履ける地下足袋です。

「たびりら」(タビリラ)とは

「たびりら」(タビリラ)は、親指が独立した、地下足袋型のコンフォートシューズです。足袋の快適さと、エスパドリーユの気持ちよさを兼ね備えています。

「たびりら」は、つま先の締め付け感が少なく、素足に近い履き心地で、外反母趾などの足のトラブルをカバーします。

休日のお出かけや、リラックスタイムにピッタリ。ドライビングシューズにも向いています。

また、前述しましたが、地下足袋は、一般的な靴に比べて、親指の力をより使うことができるのが特徴で、「たびりら」も、その地下足袋の長所が活かされています。

エスパドリーユとは

エスパドリーユは、一般的に上部は帆布(カンバス)や木綿布でできていて、靴底は柔軟なジュート縄でできています。

エスパドリーユを定義づける要素は、ジュート縄(黄麻)の靴底なので、上部のスタイルはさまざまです。

今日では、「快適で環境にやさしいサンダル」として世界的に普及しているそう。

↓エスパドリーユ

SNS上の口コミなど 

たびりらの通販サイト

たびりらは下記の楽天市場などで購入できます。

普段履いている靴のサイズよりやや小さめがちょうどいいようです。

レビューで確認すると、普段履いている靴が24.5cmの人は「24cmのたびりら」、普段履いている靴が27cmの人は「26cmのたびりら」がピッタリだったという人が居ました。

私は普段の靴は24.5cm〜25cmですが、たびりらは24cmがピッタリでした。素足で履いています。

 

 

個人的には、子供用に作られている下記の地下たびが気になりました。

最後に

素足のような履き心地の靴っていいですよね! 

たびりらは、とても評判がいいので、私も自分用に買いました。今は自宅で室内履きにしていますが、職場でも履きたいし、通勤にもいいかも知れないと思っています。今はスニーカー通勤なので。

ただ、タイツの時期になったら指部分が分かれていないタイツではたびりらを履けないので、冬場は難しそうですね。

とは言え、履き心地は気持ちよく、歩きやすくて大満足で、家用だけでなく、職場用も買おうか迷っているぐらい気に入りました。

ぜひ子供にも履かせたいので、「たびりら」の子供用のもあればいいなと思いました。上記の子供用の地下足袋型靴は、ちょっとデザインが派手すぎるので、「たびりら」みたいに、もっとシンプルで、ファッションになじみやすいものを作ってほしいです。

夫は、たまに地下足袋を履く仕事をしているのですが、「一番歩きやすいのは地下足袋」と断言しているので、地下足袋って本当にいいんでしょうね。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑