お金が貯まる!節約を意識せず生活しているのに出費が減るから貯金ができる

公開日: : 節約術・断捨離

私は年々、出費が減っていっています。

節約は意識していないのですが、気づいたら、出費が減っていたので、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

節約を意識すると楽しくない

私は、一時は節約にハマって、節約本なども読んでいました。

けれど、今は、節約はとくに意識せずに、生活しています。

もちろん無駄遣いは避けていますが。

節約を意識すると、生活が楽しくなくなるのではないでしょうか。

出費には、メリハリが大事だなと思います。

「思いきりお金を出すところ」と「控えめにするところ」。

それは人によって何でもいいと思いますが、「すべて節約」すると人生がただ生存するだけとなってしまい楽しくないし、「いつも使いたい放題」だと家計が大変なことになってしまいます。

私の場合、普段はあまりお金を使いませんが、旅行や友人と会う時には、金額はあまり気にしないようにしています。

私が無理なくお金が貯まる理由

節約を意識しなくても、私の出費が減ったのは、次のような理由からです。 

断捨離

断捨離をしたことが大きかったです。
断捨離すると、その後の買い物でかなり慎重になるので、本当に必要なモノ以外は全く買わなくなります。
 
モノが減ることで、収納用品も買わなくなりました。
 
モノを置くスペースも不要。うちは戸建なので、ただ部屋が広くなるだけですが、賃貸マンション住まいの人ならば、より狭い部屋に住めて家賃が浮きますね。
 
断捨離の考えが身につくと、日々の買い物でも無駄がなくなります。たとえば、スーパーで、使いきれない野菜を買わなくなったりします。(キュウリ1本より3本のほうがお得だからと飛びついたりしません)

スマホを持っていない

私は未だガラケー。 毎月の利用料は約1300円。
スマホが主流の今、これは普通の人には真似できないでしょうけれど、スマホ依存も防げるし、私としては快適です。
 

節約は毎月の固定費から! ガラケーが格安スマホに勝る理由

服はレンタル

服のレンタルいいですよ。
毎月8000円弱かかっていますが、クリーニングもしなくていいので、クリーニング代も浮きます。
 
「月に8000円弱も被服代に使ってないわ」という人は逆に、出費が増えてしまうのかもしれませんが、私の場合は違います。
 
私はこれまではワンシーズンに数枚は洋服を買っていました。
スカートもトップスも1万5000円ぐらいしました。ユニクロは安いので、そんなにしませんが、それでも複数枚購入すると、それなりの金額になります。
時には奮発してもう少しいいものを買うこともありました。(ユニクロでは、やはり安っぽく、友人に会う時には物足りなく感じていたので・・)
 
 
それらを考えると、私は洋服をレンタルすることで、服にかけるお金が減ったので良かったです。
 

エディストクローゼットを利用した40代パート子持ち主婦の感想/2018.11

お菓子を食べない

肌を綺麗にしたいという思いから、最近は、お菓子を食べなくなりました。

ケーキやパフェが大好きで、友達の中では一番よく食べていたのですが、買わなくなったため、お菓子の出費がなくなりました。
子供のためには買いますけどね・・。

交際範囲が狭くなる

これは、「交際範囲を狭くしよう」と思ってしたわけではないのですが、仕事と育児で忙しく、友達と会わなくなりました。

結果として、交際費減。
 
交際費ってなんでしょうね。ランチやお茶代、洋服代、それに伴うクリーニング代、交通費、手土産代・・人と会わないと、いろいろ浮きますね。
いいことではないので、時間ができたら人に会うようにはしたいのですが。
 
ただ、無駄に交友関係の広い人は、友人の断捨離をすることも必要です。(自分の時間とお金を有効につかうために)

弁当持参

職場にはお弁当を持参しています。昼食代が浮きます。

以前は、職場の近くで買っていたのですが、安くても300円〜500円はかかり、一ヶ月分、一年分と考えるとバカにならないので、お弁当を持参することにしました。

Sponsored Link

大したものは作らず、前日の夕飯の残りなどを詰めるだけです。

週末に作り置きして冷凍しておいてもいいですね。

飲み物は買わない

お茶や水などのペットボトルなどをコンビニや自販機で頻繁に買う人が居ますが、私はほぼ買いません。

子供と出かける時は水筒を持参します。

ジュースなどは買わざるを得ないと思いますが、私は飲まないので、子供の分だけですね。

コンビニに行かない

スーパーに通う主婦なら常識だと思いますが、コンビニはどれも高いですよね。同じモノがスーパーでは安く売られています。

「急に必要になったから」とコンビニで買う人が多いと思いますが、用意周到に立ち回って準備していれば、ほとんどコンビニにお世話にならずに済みますよ。

(もちろん、仕事内容や生活スタイルによっては、予測不能なこともいろいろあると思いますが、私の場合はほとんどないのです)

節約?添加物?私がコンビニに行かない理由

洗剤類を買わない

我が家は、顔も髪も食器も洗濯も、すべて同じ石鹸です。

さまざまな種類の洗剤をそろえるより、だいぶ安上がりです。

石けんシャンプーで洗髪! オススメはミヨシとシャボン玉石鹸

基礎化粧品を買わない

私は、今、基礎化粧品を使わない生活をしています。
もう15年以上になります。
今考えると、化粧水・乳液・美容液などは高かったです。
しかも、それは一時的な出費ではなく、継続して使うので、年間で考えると、かなりの出費でした。
普通は毎月、基礎化粧品にいくらかけているのでしょうね。私はゼロです。

基礎化粧品は何もつけない! 節約にもなる肌断食のススメ

お金をかけずにキレイになりたい! 節約美容法

私の自慢

こういう生活をすると、地味で華やかさのない女性になりがちと思われがちですが、私は女性らしさはキープしていると思います。
 
仕事で会う男性たちからはよく褒めていただけるので、「社交辞令でもとても褒められない」というレベルに落ちていることはない、と思っています。
 
出費が少ない場合、「いかにも、そんな感じ」に見えないということが大事だと思います。
誰も、「見るからに貧相」などになりたくないでしょう。
 

脱!地味&貧乏くさい女! そう見える理由は何? 華やかにするには?

 

最後に

以前にも同じような記事を書いていましたが、その時は、あることに夢中になっていて、それが結果として、かなりの節約になっていました。良かったらご覧ください↓

意外な節約効果! 節約する気なしに貯金できた節約術

 
 節約しようと思って節約するのではなく、「あれっ、気づいたら、かなりの節約になってる!?」と思うようなのがいいですよね。
「楽しく生活して、かつ、お金も貯まる」
そんな生活を今後も続けたいです。
 
  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑