東京ベイコート倶楽部の料金は? 宿泊利用明細書を公開(メンバー料金)

公開日: : 宿

ベイコート倶楽部関連の記事が、意外と需要があるようなので、紹介します。

Sponsored Link

多分、ベイコート倶楽部の会員になるぐらいの人は、SNSはやっていても、こんなブログみたいなのはやっていないですよね・・。

が、贅沢志向の夫と違い、私は普段から、断捨離が趣味で、節約志向なので、ベイコート倶楽部もネタに書きます。

東京ベイコート倶楽部に泊まりました

もともと、会員制リゾートホテルのエクシブはよく利用していたのですが、夫から、ベイコート倶楽部の会員になったと聞きました。

話を聞くと、ベイコート倶楽部は、エクシブの最上級ラインとのこと。

東京に遊びに行く予定があったので、どこでもいいから泊まりたいと思っていたら、夫が手配したのが、東京ベイコート倶楽部でした。

東京ベイコート倶楽部の利用明細を公開

あまり写真を撮らなかったので、提供できる情報は明細ぐらいです。

その利用明細を公開します。解説は後述。

baycourt3

途中で、室料が変わっているのは、連続して同じ部屋がとれなかったため、途中で移ったからです。

人数が「3」となっていますが、小さな子供が居たためで、ほとんど「2」の料金と考えてもらったほうがいいでしょう。

室料は1室の金額が決まっていて、人数によって増減するわけではありません。

また、休前日だから金額が高くなるとかいうこともありません。

 

コンシェルジュというのは、コピーか何かをお願いした分の利用料です。

 

朝食は、ベイコートで食べたのですが、ディナーは外で食べました。

エクシブもベイコートも、施設内で食事をすると、かなりの金額になりますが、泊まるだけなら、ヘタなホテルより安いです。(最初に、莫大な金額を払ってますからね・・)

ただ、この「会員室料」がポイントで、会員に紹介してもらって利用する「ゲスト」の室料は、「ゲスト室料」として、もう少し高くなります。

ゲストと、会員では、いろいろなサービスの金額に差があり、この料金で泊まれるわけではないので注意です。

(ルームチャージの詳細はコチラ)

うちの場合はベイコート倶楽部のメンバーとなっているのは夫です。

ですから、夫抜きで、妻の私だけが泊まる場合は、ゲスト扱いになります。

仮に、メンバーである夫が、ベイコート倶楽部で不倫していたとしても、妻はその調査のために、中に入ることはできませんね。

Sponsored Link

会員以外が泊まるには?

また紹介しようかと思いましたが、この記事に書いたので、必要なら、ご覧ください。↓

ラグーナベイコート倶楽部(愛知県蒲郡市)に子連れで行った感想!プールが素敵

驚いたポイント

東京ベイコート倶楽部に行った時に驚いたのは、駐車場から誰にも会わずに、自分の部屋に行ける構造だったことです。

フロントを通らなくてもいいわけです。

もちろんチェックインはフロントでしなければいけませんが、たとえば、メンバーが先にチェックインしてから、外に車で恋人を迎えに行って、誰にも会わずに部屋に連れていくことはできるわけです。

(車でゲートを通る時に、名前を言わなければいけませんが、同乗者は後部座席にでも居れば、ほとんどわかりませんよね)

芸能人や、人に言えない関係の人にとっては、天国のようなところですね。

我が家はそんな使い方はしないはず・・ですが。

ドレスコード

私は、ドレスコードを気にして、あまりカジュアルになりすぎないようにしましたが、朝食の際には、子連れの親子がTシャツのような、かなりラフな格好をしていましたね。

ロビーや、夜に、そういう人を見かけることはありませんでしたが、レストランに行かなければ、基本的にほかのゲストと遭遇することがあまりなかったので、ほかの人たちがどんな格好をしているのかは分かりませんでした。

ただ、たまたまエスカレーターで乗り合わせた紳士は、ファッション誌から飛び出したような(←古い表現・・)、モデルのような格好のおじさまでした。

最後に

東京ベイコート倶楽部は、洗練されていて、スタイリッシュで、とても素敵でした。

普通のホテルは、宿泊者以外が部屋に立ち入ることを禁じていますが、ベイコート倶楽部は、宿泊者の友人を招き入れることを禁じてはいないし、そういう利用方法が想定されています。

きるなら、夫抜きで、私だけでベイコートに行って、友人たちを招いて過ごしたいです。

部屋だったら、小さな子連れの人も気兼ねなく過ごせるからです。

でも、私はメンバーではないので、ゲスト料金になってしまうため、ちょっと実現できなさそうです。

(ゲスト料金を払えばいいんですが、私は節約志向なので・・)

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑