毎日髪は洗わないしお風呂も入らない生活を続けて40年

公開日: : 合成界面活性剤不使用, 美・健康

「毎日髪を洗わない」「毎日お風呂に入らない」・・そんな人が増えているようですが、実は、はずっとその生活をしています。

子供の頃からなので、もう40年は経つのでしょう。

Sponsored Link

毎日入浴・洗髪しない人が増えている!?

「毎日髪を洗わない」「毎日お風呂に入らない」そんな人が増えています。

以前に比べて増えたのか、「そんなひとたちが居る」ということが最近になって判明しただけなのかは分かりません。

以前から多かったのかも知れませんが、ただ皆、そう言わなかっただけかも知れませんね。

私も、そんな生活をしていながらも、人には言ってきませんでした。

テレビでタレントが「毎日お風呂に入らない」とか「毎日髪を洗わない」と言っているのを見て、最初は驚いたものです。

「えっ、不潔!」と思ったのではなく、「えっ、そんなこと言ったら、周囲からどう思われるか分からないし、気持ち悪がられたりするんじゃないの? 人に言っていいの?」と思ったからです。

お風呂は毎日入るもの?

私は子供の時、「お風呂は毎日入るもの」ということを知りませんでした。

まだ小学生の頃、親戚のお姉さんの家で、「昨日お風呂入ったから、今日はお風呂は入らない日なんだー」と言ったら、「お風呂はふつうは毎日入るんだよ」と言われて、その時、初めて「一般的に、お風呂とは毎日入るものなのだ」と知りました。

そんなこと誰も教えてくれないですし、テレビでも「毎日お風呂は入るもの」なんて言ってませんもんね。

そもそも誰が決めたのか。本当に毎日入る必要があるのか。疑問に思ってきました。

服の洗濯と同じ?

ある人は、洋服の臭いをかいで、「臭かったら洗濯する」と言っていました。

臭くなければまた着るというのです。

(衣類は、「長期間、着ずに置いておく場合」は、臭くなかろうと、汚れてなかろうと、一度着用したものは洗っておかなければ、わずかな皮脂がついているだけで傷んでしまいますが)

私は、Tシャツなど、家で気軽に洗える衣類はまめに洗いますが、クリーニングに出さなければいけない素材のものなどは、ワンシーズン着てから最後にクリーニングに出すこともあります。

「衣類は洗えば洗うほど傷む」のだそうです。

クリーニングに出す回数や、洗濯する回数が少なければ、衣類のもちがよくなります。

肉体はどうでしょうか。

汗をかいたり、油が出てくる髪や身体も、極端に言えば、「臭くなったら」「ベタついたら」洗えばいいのです。

毎日髪を洗わなくて良かったと思う点

私が「毎日髪を洗わなずに良かったと思う点」は、

髪を洗う回数が少ない → シャンプーで傷まずに済む → ドライヤーで傷まずに済む

というところです。

毎日洗髪するわけではない私は、ドライヤーを使う頻度がほかの人より少なかったでしょう。

シャンプーも今でこそ、きちんと石鹸シャンプーを選んで使っていますが、子供の頃は、母が適当に買ってきた一般的な合成界面活性剤入りのシャンプーを使っていたはずです。

そんな身体に悪いものを毎日使う羽目にならなかったのは、不幸中の幸いと言えます。

髪を洗わないメリット

  • 洗髪の手間が減る分、時間に余裕ができる
  • ドライヤーによる傷みが避けられる

髪を洗う頻度

私が髪を洗う頻度は、2〜3日に一回です。

Sponsored Link

私の場合は2日に1度がベストだと思います。

3日目になると、少しベタついた感じがするからです。

人に会わない日があれば4日ぐらい洗わなくても平気な時もあります。

さすがに、べたついてしまいますが。

髪がツヤツヤと褒められる

私は毎日髪を洗っていないので、職場などで「髪がベタついている」とか汚いと思われているのではないかと心配していました。

ところが、先日、職場の人に「髪、ツヤツヤですよねー」と褒められました。

別に嫌味とか皮肉ではなかったと思います。

私は、モデル時代のオーディションでも髪はよく褒められていたのです。

40代で髪パサパサ?髪が綺麗と褒められる私のケアはお金をかける必要なし!

顔も洗わない

朝の洗顔はしません。

石鹸はもちろん、水だけでも洗いません。

夜のメイク落としも、できるだけ短い時間で済ませるようにしています。

顔の皮脂をとりすぎないようにするためです。

朝の洗顔をしない生活はもう20年近く続けています。

子供も毎日入浴させなくてよい

幼い子供の入浴・・それは母親にとって、毎日の大きな負担になっているのではないでしょうか。

夫が留守がちで、ワンオペ育児の人にとってはとくに。

子供をお風呂に入れると、髪を乾かす、着替えさせるなど、その一連の流れがとても大変です・・。

ですから、私は、子供も毎日お風呂には入れていません

「子供をお風呂に入れない」ことは、児童虐待発覚のきっかけにもなっているようですが、私は別に、子供が臭くなるまで入れないわけではありません。

夏など、汗をよくかく季節はまめに入れて、冬場は頻度を減らすのです。

実際、冬は3日に1度かもっと少ない時もあります。

子供のすごいところは、3日も4日も洗髪しなくても髪がベタつかないことです。

お風呂の頻度を減らし、風邪をひきにくくなった気がします。

頻繁な入浴は、身体の常在菌を洗い流してしまうとのことなので、良かったのかも知れません。

身体を温めたほうかいいとも言いますが、湯冷めのリスクもありますもんね。

最後に

入浴しないことや、髪を洗わないことで、一番大事なことは、「周囲の人に対して、不快感を与えないこと」かなと思います。

周囲が不快感を抱かないのであれば、入浴や洗髪の頻度が少なくても問題ないでしょう。

逆に、「臭い」とか「近寄りたくない」などと思われるようであれば、それは迷惑をかけていることになるので、やめましょう。

「洗うと、どんどん美しくなる」ならば、私はたくさん洗いたいです。

しかし、「洗うと、どんどん肌も髪も磨耗する」(=皮脂をとりすぎてしまう)のであれば、洗う回数は減らしたい。ただ、それだけです。

衣類でもモノでも、洗えば洗うだけ消耗していくのですから、肉体も似たようなところはあるかも知れませんね。

皆さんも洗う頻度を減らしてみませんか。

  • Sponsored Link


  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。
    合成界面活性剤不使用生活を10年以上続けています。
    ブログは2016年8月半ばから始め、お陰様で3か月目で月間10万PV達成。
    ブログは試行錯誤中で、とくに初期の手直しが全然できていないので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑