殺虫剤カバーはゴキブリ嫌いの私にとって絶対必要!虫のイラストを隠したい

公開日: : 家事・生活

暖かく過ごしやすい季節になると、ゴキブリが出てくることがあります。

私は2月頃から、ホウ酸団子を置いて対策しているので、ほとんどゴキブリは見かけませんが、万が一、出た時に備えて、殺虫剤は常備しています。

その殺虫剤ですが、私は、つねづね、パッケージをなんとかしてほしいと思っていました。

リアルなゴキブリのイラストなどが描かれているのが、どうしても嫌だったのです。

誰が見ても「これは殺虫剤である」ということがわかるようにしてあるのかもしれませんが、無駄にリアルだったりしますよね・・。

私は、殺虫剤には、絶対、カバーが必要だと思います。

“虫嫌い”にとって殺虫剤カバーが必要な理由

1.虫のリアルなイラストに触れるのが嫌

「動物のお医者さん」というマンガで、ネズミ嫌いの人が、ネズミのイラストに触れるのも嫌だと言っているシーンがあり、とても共感しました。

私も、ゴキブリのイラストを触れるのは嫌だからです。

だから、リアルなイラストの描かれた殺虫剤を手にとるのが嫌です。

漫画のテラフォーマーズも、面白いので、とても読みたかったのですが、リアルなゴキブリのイラストが嫌で断念しました。

(途中までは、電子版の漫画を、画面をとても小さくして見ていました)

2.虫のイラストを見るのが嫌

ゴキブリのイラストは、触るのも嫌ですが、目に入るのも嫌です。

だから、殺虫剤売り場に行くのも嫌だし、家に置いてある殺虫剤を見るのも、嫌でした。

3.殺虫剤はすぐ手に取れる場所に置く必要がある

殺虫剤のイラストが目に入るのが嫌ならば、棚の奥に入れておけばいい、と考える人もいるかもしれませんが、殺虫剤というのは、緊急事態に、素早く取り出せなければ、意味がありません。

殺虫剤を箱や棚にしまって、取り出すのに時間がかかっていたら、ゴキブリは逃げてしまいます。

これらの問題を、殺虫剤カバーは解決してくれます。

殺虫剤カバーがあれば、殺虫剤を手に取りやすく、目に触れやすい場所に置いても、気になりません。

さすがに、リビングのど真ん中に置くのは嫌ですが、たとえば、納戸の取り出しやすい位置においてもいいですね。

ところが、「殺虫剤カバー」という商品が見当たらなかったため、私は、最初は、殺虫剤に、白い紙を両面テープで貼り付けていました。

そうすれば、ゴキブリのイラストが見えなくなって良かったのですが、見た目が、美しくなく、貧乏くさかったです。

オススメの殺虫剤カバー

そこで、私は、「殺虫剤カバー」という名称でなくても、何か代わりに、殺虫剤のスプレーの表面をを隠せるものがあればいいのだと気づきました。

オススメの殺虫剤カバーは「ペットボトルケース」です。

 

 

Sponsored Link

 

↑これも悪くはなかったのですが、スリムなタイプの殺虫剤スプレーにしかつけられませんでした。

 

cover2

↑このスリムなタイプならつけられました。

cover1

 

ペットボトルケースの中でも、ニットタイプがオススメ。

とくに無地だと、スッキリするし、私は、冷却タイプと、毒で殺すタイプの2つを使い分けているのですが、色を変えておけば、一目でわかって便利です。

(私は、極力、人間にも害になる、有毒タイプは使いたくないのですが、夫は使いたがるのです)

私のお気に入りは、シンプルで、スッキリしたデザインのコチラです↓

まとめ買いしました。

殺虫剤スプレーは、フロアごとに置いておきたいので・・・。

 

 

cover3

↑このリアルなイラストが見えるのが嫌なのです。

cover4

↑嫌なイラストが見えなくなって、かわいくなりました。個人的に、色もわかりやすいです。

最後に

ペットボトルカバーで、殺虫剤スプレーを隠すようになってから、快適になりました。

やはり、これまでは、殺虫剤スプレーのイラストが目に入るのがストレスだったのだと思います。

虫嫌いの人にオススメしたいです。

私のゴキブリ駆除対策!こうすれば見なくなった&遭遇時の役立ちアイテム



  • 管理人:りほこ
    元モデルのアラフォー主婦。

    かつては大手モデル事務所のオスカープロモーションに所属し、30代半ばまでモデル活動をしていました。

    合成界面活性剤不使用生活を15年以上続けています。

    ベイコート倶楽部なども利用しますが、断捨離と節約が趣味。

    見よう見まねで始めたブログなので、至らないところが多々あると思いますがよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑